チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間90万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

個別銘柄/ETF/投信

S&P500の構成銘柄の中で、過去半世紀において最も高いリターンを達成した銘柄は世界的タバコ会社のフィリップ・モリス(PM)です。現在はアルトリア・グループ(MO)に社名が変更され、フィリップ・モリスは海外事業を担う組織としてスピンアウトされています。ジェレミー・シー
『なぜフィリップ・モリス(PM)株が、過去最も高い投資リターンを達成したのか?』の画像

Amazonの快進撃が止まりません。2017年に最も米国市場を牽引した銘柄はAmazonであり、わずか1年で58%もの株価上昇を記録しました。さらに、2018年に突入してからもAmazonの株価は上がり続けており、1株1,700ドルを突破しています。とはいえ、上がり続ける株は無いと言われる
『好調な消費意欲に支えられ、アマゾン(AMZN)は成長を続ける!』の画像

株価が絶好調なシスコシステムズ(CSCO)を10万円分買い付けしました。FANGなどのハイテクトレンドに引きずられてシスコは株価が大きく上がっているので、一見グロース株のように見えるのですが、シスコは完全にバリュー株です。なぜなら、ネットワーク機器の開発・販売をメイ
『【CSCO】連続増配8年で配当利回り3%のシスコシステムズを10万円分買い付けしたよ!』の画像

スターバックス(SBUX)が2019年度にアメリカ本国で150もの店舗を閉鎖すると発表しました。この発表を受けて、スターバックス株に売りが殺到。わずか1日で-10%もの株価急落となりました。世界的コーヒーチェーンの先駆けでもあったスタバの成長に、ついに頭打ちかというイメー
『スターバックス(SBUX)急落!コーヒーチェーンとしてのアメリカ本国での位置付けとは?』の画像

S&P500ETFを今月もコツコツ買い増ししました。さて、1年前は20ドル以下であったツイッター(TWTR)が、ここ最近は50ドルに届きそうな勢いで大暴騰を記録しています。ツイッターは万年赤字体質だったが故に、2017年10~12月期の決算が初の黒字化を達成したことは大きなサプライ
『ツイッター(TWTR)が採用されたS&P500ETFを6万円分買い増し!』の画像

ゼネラル・エレクトリック(GE)の時代がひとつ終わります。30銘柄で構成されるNYダウを管理するS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが、「NYダウ構成銘柄からGEを6月26日に除外する」と発表したのです。代わりに採用されるのは、ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーン ・
『GE保有の投資家はどうするべきか?NYダウから除外されるGE。』の画像

一時は開催が危ぶまれた米朝首脳会談がシンガポールで行われました。そもそも、金正恩が突然融和路線に走った背景には、経済制裁により国家存続が危ぶまれている状況があります。核の放棄と引き換えに、なんとか現在の独裁政権を維持し、経済発展をしていくために、金正恩は
『コラ・コーラを楽しむのに、国や人種は関係ない。コカ・コーラは世界で広がり続ける!』の画像

総悲観は買い。この言葉は、マーケットに蔓延る「総悲観の花」が満開になった時、最高の買いのタイミングとなり得るという投資の格言です。悪い材料が重なり、誰がどう考えても株価が上がりそうにない状況の中、勇敢に買い向かった投資家が勝利を収めます。これは、長い間投
『「総悲観」は最高の買い材料である理由と証明。』の画像

アメリカ通信会社大手であるAT&Tが、総合メディア会社であるタイムワーナーを850億ドルで買収することをアメリカ連邦地裁が承認したことで、AT&Tの株価が前日比-6%以上と急落しました。AT&Tは、この買収により「通信とメディア配信」という相互作用を生かし、台頭するインタ
『AT&Tがタイムワーナー買収で株価暴落するも、これはM&Aの通過儀礼だ!』の画像

2018年に開催されたIBMカンファレンス「IBM Think 2018」 かつてIT業界の巨人と呼ばれていたインターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)を10万円強買い増ししました。ITの世界は栄枯盛衰が激しいことから、急成長する会社、淘汰される企業が目まぐるしく変わります。そ
『【IBM】22年連続増配で配当利回り4.3%のインターナショナル・ビジネス・マシーンズを10万円分買い増ししたよ!』の画像

↑このページのトップヘ