チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間110万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

投資哲学

不思議なことです。世の中には、株価が下がった時に売って、株価が上がった時に買う投資家が大勢いるのです。株価が下がった時に売ってしまえば、自分が買った時よりも安く売ることになるので、損をします。株価が上がった時に買ってしまえば、自分が売った時よりも高く買う
『下落相場で買えば、上昇相場で儲かる。人の逆をいく重要性。』の画像

バカでも経営できる企業の株を買いなさい。いずれ、そういう人間が経営者になるのだから。特に経営されていなくても多額の利益が上がる企業、これが私の理想です。伝説の投資家ウォーレン・バフェットは、このように「バカでも経営できる企業の株を買え!」と投資家に語りか
『バカでも経営できる企業の株を買いなさい。』の画像

オリエンタルランドに投資するには100万円が必要だった 投資をするには「ある程度元手が必要」と言われていますが、それはネット証券が普及していなかった遥か昔の話です。インターネット全盛期の現在では、10万円もあればほとんどの株が買えてしまいます。また、10万円であ
『【投資】まずは10万円から資産運用を始めよう!』の画像

全ての投資家に共通する想いとして、株式投資で最もツライのは含み損になります。一向に解消しない含み損を目にする度に、ストレスに見舞われて損失確定ボタンを押してしまう投資家は後を絶ちません。しかし、あなたが配当金を重視したポートフォリオを組んでいるのであれば
『配当金は全員が勝者になれるプラスサムゲームの投資。』の画像

200年以上も止まることなく、延々と上がり続ける米国株は、長期投資に最も適した市場です。さて、「NYダウは100万ドルに到達するだろう」というフレーズが、以前大きな話題となりました。このフレーズは世界最強の投資家でもあり、バークシャー・ハザウェイの会長でもあるウ
『NYダウは本当に100万ドルを超えるのか?米国悲観論者は狂っている!』の画像

常にTOPIXを上回る圧倒的な成績を収めるひふみ投信は、個人投資家に大人気です。ひふみ投信は藤野英人率いるレオス・キャピタルワークスが運営しており、テレビ東京のカンブリア宮殿に出演するなど、その勢いは留まるところを知りません。さて、そんな藤野氏が最近執筆したFa
『日本株のインデックス投資を勧められない理由。』の画像

世界の人気就職先は、毎年のように入れ替わる かつて、学生の就職先として絶大な人気を誇っていたNECが、今年の中期経営計画の中で従業員3000人のリストラや、国内9工場の統廃合を推し進めると発表しました。NECは過去、業績不振から総人数で1万人以上を削減しており、その際
『今、花形とされる会社や業界は「今」が最もピークである理由。』の画像

株式投資をやっていれば、幾度となく暴落の局面に付き合わされます。たとえば、今年の2月には、歴史に名を刻むリーマンショックを上回る暴落に見舞われています。わずか1日で-1,175ドル、取引時間中では一時-1,500ドルを上回る暴落です。経済は絶好調なのに、いともカンタン
『リッチになるために、株価暴落を買いましょう。』の画像

総悲観は買い。この言葉は、マーケットに蔓延る「総悲観の花」が満開になった時、最高の買いのタイミングとなり得るという投資の格言です。悪い材料が重なり、誰がどう考えても株価が上がりそうにない状況の中、勇敢に買い向かった投資家が勝利を収めます。これは、長い間投
『「総悲観」は最高の買い材料である理由と証明。』の画像

フィリップ・モリス・ジャパンは、紙巻きたばこの全4ブランド86品について、値上げを財務省に申請したと公表しました。対象は、紙巻きたばこ全4ブランド、86品目にも及び、マールボロ、ラーク、パーラメント、バージニア・ニスなどの20本入りの商品が一律50円もの値上げです
『マールボロ値上げで喫煙厨はますます株主様に搾取される構図に!』の画像

↑このページのトップヘ