チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間207万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

投資哲学

かつて、大きなトレンドとなったドットコム・バブルここ最近、米長期金利が上昇していることにより、高配当ディフェンシブ株が「これでもか!」というくらいに売り叩かれています。代表的な銘柄は通信株、ヘルスケア株、生活必需品株などの不況に強いと言われる株です。一方
『トレンドに追随するコバンザメ投資はやめなさい。』の画像

長期投資の最適解は米国株投資投資で勝ちたいのであれば、全体が上がり続けるマーケットに投資してください。なぜなら、全体が上がり続けるのならば、どんなヒトでも普通のことをしていれば必ず勝てるからです。昨年、ビットコインを筆頭とした仮想通貨ブームが発生し、どん
『米国株と日本株のどちらに投資すればいいのか?』の画像

ニコニコ動画のパクリと言われる「ビリビリ動画」中国のインターネット動画共有サービスであるビリビリ動画が、今年の3月28日にNASDAQに上場したことで、日本でも話題を集めました。ビリビリ動画はニコニコ動画のように、ユーザーが動画にコメントをすることが可能で、視聴者
『世界がアメリカ市場への上場を目指すワケ。』の画像

世の中にはギャンブルを辞められない人々が多く存在します。今でこそ株式やFX、仮想通貨のトレードをギャンブルとして嗜む人が増えてきましたが、圧倒的に多いのはパチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇、宝くじなどです。ギャンブラーは「自分だけは勝てる!」と信じ込み、
『ギャンブラーが負け続ける理由。』の画像

株式投資を行う投資家というのは、世間ではディスプレイを何枚も並べるデイトレーダーをイメージすると思いますが、これはメディアの偏向報道のせいです。ネット証券が流行り始め、株式投資で億り人が誕生し出した2005年あたりから、テレビや雑誌を中心にデイトレーダー特集
『デイトレーダーに転身してはならない。』の画像

資本主義が徹底されているアメリカ株式資本主義の経済は、成長し続けなければならない仕組みとなっており、「現状維持」では国家が破綻してしまいます。今日、日銀と政府は物価2%のインフレに躍起になっていますが、これは資本主義の原理に基づいています。日本のインフレ誘
『株価はなぜ「原則、右肩上がりのシステム」になっているのか?』の画像

チョコが日頃から大変お世話になっており、大大大大大師匠であるバフェット太郎さんが、4月28日に『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』をご出版されます。この本は、「今は日本株だけやってるけど、最近米国株に興味が出てきたんだよね!」という人だけではなく、投資に
『バフェット太郎さん著『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』は21世紀のバイブル。』の画像

日本株でも"増配"は注目の的に。アメリカ長期金利が、2014年ぶりの高値水準である3%にリーチしたことで、高配当株の投げ売りが続いています。これは、債券と高配当株を比較した場合、よりリスクのある高配当株が債券より見劣りするからです。高配当と言われる株も、配当利回
『投げ売り高配当株を、ありがたく拾う必要性。』の画像

投資の世界では「継続することが、成功するために最も必要な要素」となりますが、世の中には継続できない人が驚くほど多く存在します。一生積み立てる!と誓っても、3ヶ月未満で積み立て投資を辞めてしまう人が大勢います。また、米国連続増配株に再投資し続ける!と誓っても
『なぜ人々は投資を継続できないのか?』の画像

「資本主義は自動的に、持続不可能な格差を生み出す。」数年前、700ページ以上もあり、一冊6,000円もする本がバカ売れしました。タイトルは21世紀の資本という本で、著者はフランスの経済学者であるピケティです。ピケティは世界各国の所得や富に関する過去200年の膨大なデー
『r>gであれば、gからrになる必要がある。』の画像

NYダウはしばらく乱高下を繰り返している安定市場と言われるアメリカ市場であっても、最近はボラティリティ(価格変動)が激しい傾向が3ヶ月程続いています。もともと、アメリカは市場規模から言ってあまりにも巨大すぎるため、仕手化、すなわちマネーゲーム化することが不可能
『リーマン・ショックは再来しない。』の画像

世界には様々な株価指数が存在する株価指数とは、国や特定セクターの株式市場の値動きを測るために用いられる指標です。通常、指数は様々な銘柄を元に平均株価を割り出すのが一般的です。世界の代表的な指数には以下のようなものがあります。■アメリカNYダウ:ニューヨーク
『株価指数は買っておくべき理由。』の画像

NYダウは暴落を繰り返しながらも、暴落以上に上昇した。2018年2月5日。世界の株式市場を牽引してきたアメリカで最も重要な指標であるNYダウが大暴落。わずか1日で1,500ドル以上も下げる結果となり、リーマンショックを超える歴代1位の下落幅を記録しました。経済アナリストは
『上がるものはいつか下がる。』の画像

とある工場の勤務のおばちゃん。毎月こつこつ3万円自社株を買い続けて10数年間。株はほぼ10倍に値上がりしておりいまや価値はほぼ1億円。こういうおばちゃんって全国にいっぱいいると思うよ。業界によってはもっと株は値上がりしてるので財産数億円のおばちゃんもあな
『自社株を買い続けて”億り人”になったおばちゃん。』の画像

簡単なことをやれ。バフェットは、「自分が分かることにしか手を出すな」と投資家にメッセージを送っています。バフェットはアメリカの投資会社バークシャー・ ハザウェイのトップであり富豪です。今でこそ経営者ですが、もともとは株式投資のみで世界第1位の資産を築くまで
『簡単なことをやれ。自称専門家の意見は徹底無視!』の画像

世界同時株安の勢いが止まりません。今までは諸外国の地政学リスクで下落することは多かったのですが、アメリカを震源地とした直球型の暴落は久々であり、それ故に世界のショックは大きいものだったのです。さて、そんな中で退場者も多く出ました。短期売買でレバレッジをか
『暴落局面こそ、連続増配株に投資妙味がある。』の画像

まず、日経平均とNYダウの5年チャートをご覧ください。■日経平均■NYダウ最初に注目してほしいのは、2015年8月から始まった「中国ショック」と呼ばれる中国を震源とした世界同時株安です。最も影響が大きかったのは「ブラックフライデー」を迎えた11月27日で、上海総合指数
『米国株(アメリカ株)を中心にポートフォリオを組むべき理由。』の画像

アベノミクスにより株価が26年振りの高値を付けるなど、日本はバブル以来の好景気に沸いています。企業レベルでも久々にベアが活発化し、ニュースで話題になるなど、日本は失われた30年を経てやっとデフレから脱却の兆しを見せています。しかし、TVなどのインタビューを見て
『給料だけに頼っている"日本人"は人生ジリ貧!』の画像

今月14日は、春闘回答日が集中した日でした。春闘とは「春季闘争」の略で労働組合が毎年春に行う、賃上げ要求を中心とする労働者と経営陣との闘争を指します。アベノミクスという果実の下、過去最高益を稼ぎ出す企業が多い中、昨年を超えるベースアップを回答する企業が多く
『春闘が話題ですが、月収UPさせたいならトヨタ株を50万円買いなさい。』の画像

地球の裏側から名医が手術出来るとしたら、あなたはどう思いますか?・・・安定のディフェンシブ株と言われているAT&Tやベライゾン通信株。ディフェンシブとは、特に大きな成長は見込めないまでも、安定的な収益を確保し、安定的な株主還元を実現している銘柄の総称です。し
『次世代"FANG"は、ディフェンシブ代名詞の通信株になる可能性。』の画像

結論から言います。とにかく配当がたくさん貰える優良株を買ってください!タコ足配当ではなく、キャッシュを潤沢に稼ぎ、未来永劫人々に必要とされ続ける優良企業が望ましいです。そのような銘柄は安定的高配当を株主に還元し続けます。連続増配という概念もあります。毎年
『ほぼ確実に、生涯無敵スター状態になれる方法。』の画像

(最高のポ~ズ)個別株サイコぉぉぉー!!うぁ〜い♪しかし、とある偉人は、こう言った。個別株は自己満足だと!!ぎゃぁぁあーーーー!!!!午後ティーでも飲んで落ち着こう。(紅茶ドゾッさて、残念ながら、確かに個別株だけのポートフォリオで、NYダウやS&P500の指数をアウ
『個別株はETFをリバランスする役割を果たす。』の画像

株式投資で利益を上げるのに、必要な知能は誰もが持合わせている。ただ、誰もが肝が据わっているわけではない。慌てふためいて何もかも売却してしまうような性格であるなら、株や投資信託はやめた方がよい。ピーター・リンチピーター・リンチとは、たった13年間で資産を700倍
『「辛抱強さ」や「冷静さ」は、知能指数よりも重要である。』の画像

日本は先進国ではトップクラスの自殺率を誇ります。世界的に見てもかなり裕福な国なのに、若い時に生きていくことに絶望して、自殺してしまうのです。図を見てもらえればわかりますが、特に20、30代の黒い谷がエグすぎます。日本の自殺率が多いのは、学校で金融教育を一切行
『株式投資は、心のセーフティネットとしても機能する。』の画像

今年2月のNYダウやS&P500は、トランプ相場が始まってからの初のマイナスリターンとなりました。LPLファイナンシャルのストラジテストは「5月から10月まで季節的に低調な時期となる」と今年は弱気相場になるだろうとも述べています。将来的にはアメリカ市場は堅調に推移して
『落ちていくナイフを掴んで、ひたすら枚数を増やすこと。』の画像

↑このページのトップヘ