チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成)

米国株中心に投資しています。 Profile:東証1部上場企業に勤めるITエンジニアさん

チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

投資哲学

米国を中心とした金融業界がクラウドソーシングに注目しています。ウォール街ではクラウドにて一般投資家から投資アイデアを募った方が、マーケットやアナリストによる予想よりも、質の高い投資戦略が得られるとの声があるそうです。個人投資家などから1万件超のデータを分析
『将来的にはアナリストの仕事もAIに奪われる』の画像

日本の経済指標を示す上で、最も重要な指数といわれる日経平均。日本経済新聞社によって東証1部上場銘柄の中から選出された225銘柄で構成されます。時代の流れを反映するため一年間で何度か銘柄入れ替えを行い、産業構造の変化を的確に反映させるとしています。さて、日経平
『【世界GDP第3位】日経平均が3万円に達しないのは構成銘柄の問題』の画像

貸株制度とは証券会社に自身の保有する株を預ける代わりに金利がもらえるサービスです。貸株中であっても証券会社の独自システムにより、配当や優待は今まで通りもらうことができます。短期売買をせず中長期ホールドしている銘柄を有効活用する手段として個人投資家の間では
『貸株制度は危険!資産がすべてパーになりますよ』の画像

Yahoo!トップニュースに、「過労で心の病、最多498人=昨年度、自殺・未遂は84人―若い世代増加」との記事が掲載されていました。 過労や仕事の強いストレスが原因でうつ病など精神障害を発症し、2016年度に労災認定された人は、前年度比26人増の498人に上ったことが30日、
『過労で心の病、最多498人。自殺、未遂は84人!?←株を買おう!』の画像

世界人口が激増していました。国連人口基金が公表している「人類誕生から2050年までの世界人口の推移(推計値)グラフ」をご覧ください。2050年には93億に達すると想定されています。グラフの伸び率がギャグみたいになっていますが、18世紀後半にイギリスから始まった産業革
『世界人口激増中!経済成長は止まらない』の画像

従業員持株会制度とは、給与天引きで一定額を拠出し、自社の株式を買い付けることができる制度です。一般的には奨励金も数パーセント会社から出るため市場より割安に買うことができます。結論から言うと、従業員持株会制度に加入するのはオススメしません。好きな会社だった
『【集中投資】自社の従業員持株会制度には加入するな!』の画像

サラリーマンこそ株をやるべきです。21世紀の現代では、サラリーマンが株をやるべき理由が揃っています。まず、一般庶民は毎日働いてお金を稼ぐことで生計を立てています。長年、日本では汗水たらして稼いだお金は綺麗で美徳とされ、不労所得などで稼ぐお金は汚いものとされ
『サラリーマンこそ株をやるべき理由』の画像

↑このページのトップヘ