チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間110万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

市場関係

1987年10月19日。ブラックマンデーからちょうど30年が経過しました。アメリカの日刊紙であるUSAトゥデイは、次回のブラックマンデーといえる大暴落が発生するとすれば、それは経済や景気動向とは関係なく、AIなどの制御システムの暴走によるものであると予想を立てています。
『ブラックマンデー再来は気にするな!全ては歴史が教えてくれます。』の画像

私はおこ中です!日経平均が21年ぶりの21,000円台を回復したニュースは、瞬く間に注目を集めYahooニュースでトップに躍り出ました。やはり、みんな自国の経済情報は気になりますよね。で、気になるのが毎回出てくる「私には恩恵がない」的なカキコミなんですよね。「私の生活
『【おこな理由】株価上昇における「私には恩恵がない」のコメントについて。』の画像

日経平均が1996年以来、実に21年ぶりの高値21,000円を突破しました。失われた20年を乗り越えた、歴史的な日であることは間違いありません。これは安倍内閣がもたらした、これからの日本国の経済復活を示唆しています。さて、この報道を受けて株式を始めようと考えている方に
『米国株が日本株より圧倒的に優れているただ一つの理由。』の画像

Amazonが処方箋医薬品ビジネスに参入するとの報道がありました。Amazonの提携先は医療保険のユナイテッドヘルス・グループになるとの見通しです。昨夜の米国市場では、Amazonの提携先に選ばれないだろうと推測されるヘルスケア銘柄に売りが入りました。Amazonが今後どこまで
『Amanzon処方箋医薬品ビジネス参入から見る、JNJの強さ。そして日本は。』の画像

連日、当然のように史上最高値を更新し続けるNYダウやS&P500。「いくらなんでも上がり過ぎだ!」と、米国株は本国アメリカでさえも、割高か否かの議論が日夜繰り広げられています。その事態を察してか、伝説の投資家ウォーレン・バフェットは「NYダウは100万ドルを突破する」
『NYダウは暴落する?いえいえ、日本株出身「サイヤ人」をナメてもらっては困りますよ。』の画像

ついに我らのボス「トランプ様」が、大統領選挙中の公約に掲げた税制改革案を正式に発表しました。やるときゃやる男。それが世界のトランプです!アメリカにおける法人税は現在35%ですから、これが実現すれば、なんと15%も税率を引き下げるということになります。クリント
『トランプ・ラリー・セカンドクルー!?ついに公約の「歴史的な減税」が実現か!』の画像

バフェットの「NYダウ100万ドル超え」の件は、本国アメリカで大きな話題となっています。ウォールストリートジャーナルによると、100年後のNYダウ100万ドル超えが実現するには、毎年3.9%の株価上昇が必要としています。しかし、過去のデータを確認すると、この100年ダウの株
『バフェットの予想は控えめ?ダウが100万ドルを超える件の続き。』の画像

株式市場に身を置いていると、頻繁に耳にする「FRB、FOMC、イエレン議長、利上げ、量的緩和、バランスシート縮小」などの用語。今回、FRBによるバランスシート縮小(国債や債券などの保有資産の量を減らすこと)の決定を受けて、大きくニュースとなっています。これらの用語に
『FRBとは?FOMCとは?イエレン議長とは?利上げとは?量的緩和とは?バランスシート縮小とは?』の画像

私、大興奮。iPhoneでいつも通りYahooニュース見てましたが、経済カテゴリトップにバフェット!なんのニュースだ!?と思ったら、NYダウは100万ドルを超えるとの朗報予想ですと。バフェット様!!10万ドルじゃなかったのですね!!これからも、来世でも付いていきます!!!
『Yahooトップにバフェットとは珍しい!「NYダウは100万ドル超になる」』の画像

昨晩のNYダウも上昇して取引を終え、6日連続の高値を更新しています。スプリントとT-モバイルの経営統合本格化のニュースにより、大手通信セクターが連れ高したことも大きい要素です。もし、スプリントの合併が成功すれば、通信業界は戦国時代に突入していくことになるため、
『NYダウが6日連続の高値更新。10万ドル到達は現実的なものであると考えています。』の画像

↑このページのトップヘ