チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

国内最大級のお金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

市場関係


自民党が圧勝しました。自民党は地に足をつけてしっかり経済政策を進めて来たわけで、個人的には当然の結果だったと思っています。企業業績過去最高益、正社員の有効求人倍率過去最高、株価連騰歴代1位。ここまでの結果を出しているのに、まだ政府に不満や文句を言う国民がい
『「日経平均ください!」が笑われていた時代。』の画像

1987年10月19日。ブラックマンデーからちょうど30年が経過しました。アメリカの日刊紙であるUSAトゥデイは、次回のブラックマンデーといえる大暴落が発生するとすれば、それは経済や景気動向とは関係なく、AIなどの制御システムの暴走によるものであると予想を立てています。
『ブラックマンデー再来は気にするな!全ては歴史が教えてくれます。』の画像

私はおこ中です!日経平均が21年ぶりの21,000円台を回復したニュースは、瞬く間に注目を集めYahooニュースでトップに躍り出ました。やはり、みんな自国の経済情報は気になりますよね。で、気になるのが毎回出てくる「私には恩恵がない」的なカキコミなんですよね。「私の生活
『【おこな理由】株価上昇における「私には恩恵がない」のコメントについて。』の画像

日経平均が1996年以来、実に21年ぶりの高値21,000円を突破しました。失われた20年を乗り越えた、歴史的な日であることは間違いありません。これは安倍内閣がもたらした、これからの日本国の経済復活を示唆しています。さて、この報道を受けて株式を始めようと考えている方に
『米国株が日本株より圧倒的に優れているただ一つの理由。』の画像

Amazonが処方箋医薬品ビジネスに参入するとの報道がありました。Amazonの提携先は医療保険のユナイテッドヘルス・グループになるとの見通しです。昨夜の米国市場では、Amazonの提携先に選ばれないだろうと推測されるヘルスケア銘柄に売りが入りました。Amazonが今後どこまで
『Amanzon処方箋医薬品ビジネス参入から見る、JNJの強さ。そして日本は。』の画像

連日、当然のように史上最高値を更新し続けるNYダウやS&P500。「いくらなんでも上がり過ぎだ!」と、米国株は本国アメリカでさえも、割高か否かの議論が日夜繰り広げられています。その事態を察してか、伝説の投資家ウォーレン・バフェットは「NYダウは100万ドルを突破する」
『NYダウは暴落する?いえいえ、日本株出身「サイヤ人」をナメてもらっては困りますよ。』の画像

ついに我らのボス「トランプ様」が、大統領選挙中の公約に掲げた税制改革案を正式に発表しました。やるときゃやる男。それが世界のトランプです!アメリカにおける法人税は現在35%ですから、これが実現すれば、なんと15%も税率を引き下げるということになります。クリント
『トランプ・ラリー・セカンドクルー!?ついに公約の「歴史的な減税」が実現か!』の画像

バフェットの「NYダウ100万ドル超え」の件は、本国アメリカで大きな話題となっています。ウォールストリートジャーナルによると、100年後のNYダウ100万ドル超えが実現するには、毎年3.9%の株価上昇が必要としています。しかし、過去のデータを確認すると、この100年ダウの株
『バフェットの予想は控えめ?ダウが100万ドルを超える件の続き。』の画像

株式市場に身を置いていると、頻繁に耳にする「FRB、FOMC、イエレン議長、利上げ、量的緩和、バランスシート縮小」などの用語。今回、FRBによるバランスシート縮小(国債や債券などの保有資産の量を減らすこと)の決定を受けて、大きくニュースとなっています。これらの用語に
『FRBとは?FOMCとは?イエレン議長とは?利上げとは?量的緩和とは?バランスシート縮小とは?』の画像

私、大興奮。iPhoneでいつも通りYahooニュース見てましたが、経済カテゴリトップにバフェット!なんのニュースだ!?と思ったら、NYダウは100万ドルを超えるとの朗報予想ですと。バフェット様!!10万ドルじゃなかったのですね!!これからも、来世でも付いていきます!!!
『Yahooトップにバフェットとは珍しい!「NYダウは100万ドル超になる」』の画像

昨晩のNYダウも上昇して取引を終え、6日連続の高値を更新しています。スプリントとT-モバイルの経営統合本格化のニュースにより、大手通信セクターが連れ高したことも大きい要素です。もし、スプリントの合併が成功すれば、通信業界は戦国時代に突入していくことになるため、
『NYダウが6日連続の高値更新。10万ドル到達は現実的なものであると考えています。』の画像

日経平均は400円近くを超える上昇となり、節目となる20,000円台を大幅に回復しています。北朝鮮による地政学リスクで連日下落の一途を辿っていたマーケットですが、結局何事もなかったかのように回復しました。マーケットというのは本当に驚くほど単純な理由で上下するのです
『日経平均2万円台回復から学ぶ、ショックで狼狽しないことの大切さ。』の画像

上昇が続く米国の株価に対して、そろそろ下落するのではないかという不安が広がっており、機関投資家はリスク回避に備え始めています。ヘッジファンド代表者の会議では、「株価はバブルを感じさせるほど割高」「いつ株価の下落が起きてもおかしくはない」という声が多く聞か
『米国株は割高と、機関投資家にリスク回避の動き。』の画像

ミサイル芸人こと、金正恩がついに徹子の部屋に出演するそうです。徹子さんは緊迫する情勢について真っ向からインタビュー。次回のミサイル発射についての意見を交わすものと見られています。というのは冗談ですが、金正恩はミサイル発射のペースを加速させています。日本横
『今度はいつ発射するおつもりで?』の画像

プーチンが北朝鮮に祝電をしたそうです。プーチンさん。あなた。北朝鮮を利用してアメリカを煽っているようにしか見えないですよ。朝鮮中央通信は9日、ロシアのプーチン大統領が金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長に祝電を寄せたと伝えた。プーチン氏は祝電で、「
『女子学生同士の喧嘩レベルで世界は回っています。』の画像

ドル円チャートが恐ろしいことになっています。外国人投資家によるリスクオフの株売りを受けて、2016年11月ぶりの107円台突入のドル安円高となったのです。この急降下の要因は、Yahooニュースでは北朝鮮のミサイル発射リスクの警戒感が強まった影響とありましたが、真の要因
『世界のリスクは全部日本円が吸収しますw』の画像

先日行われた日米電話首脳会談において、トランプ大統領が韓国の文大統領に厳しい言葉で不満をあらわにしているとの報道がありました。発端は、韓国は当事国であるにも関わらず、文大統領が「緊張が大幅に高まっているが、朝鮮半島で戦争が起きることはない」と、責任放棄と
『トランプが韓国を「物乞い」と痛烈批判!投資スタンスを冷静に見極めるフェーズへ。』の画像

本日の日経平均は北朝鮮による地政学リスクを受け、200円弱も下落しました。想像していたよりも下げ幅を広げた印象です。マザーズやジャスダックもきつい下げとなっているので、まさに全面安といったところでしょうか。ただ、私の個別株で見るとそこまで暴落した印象はありま
『金正恩はなぜ挑発行為を続けるのか?それは彼が若いからです。』の画像

キレたら何するかわからない平壌2中の金正恩さんが核実験を行いました。これまでの実験規模と比較すると過去最大級になるとのことです。これを受けて、菅官房長官は緊急記者会見を開き、「過去5回の北朝鮮による核実験の実施後、我が国において異常値は検出されなかった」「
『北朝鮮が核実験。戦争秒読みか?』の画像

日本企業の内部留保が過去最高406兆円を突破したと、財務省が公表しました。財務省は1日、2016年度の法人企業統計を公表した。企業が得た利益から株主への配当などを差し引いた利益剰余金(金融業、保険業を除く)は前年度よりも約28兆円多い406兆2348億円と、
『企業の内部留保が過去最高の406兆円を突破。大丈夫か?』の画像

北朝鮮問題のおかげ(?)で、日本株は毎日がジェットコースターです。私の持ち株である日本株たちは、もちろんガッツリ下がっております!気にしているわけではないのですが、こうもマーケットを混乱させる燃料を投下し続けられると、さすがに堪忍袋の尾が切れそうです!そん
『米国株の魅力に改めて気付く。』の画像

北朝鮮リスクで昨日の日経平均は全面安となりましたが、ダウはやっぱり上げて来ましたね。いやはや、ダウ強すぎです!一説によると、アメリカはロシアと長年に渡り冷戦をしており、その間いつミサイルが飛んでくるかわからないという経験をしていました。それに比べたら、北
『北朝鮮、昨日のミサイルは優しさだったw』の画像

ミサイル飛ばすくらいなら、Wi-Fi飛ばせ!!以前どこかのネタ画像で見たコメントなのですが、結構好きで覚えていたセリフです。さて、北朝鮮のミサイルが29日午前に発射され、北海道上空を通過して襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下しました。日本を横断したこと、且つ太
『北朝鮮がミサイル打とうが、企業業績には何も影響はありません。』の画像

昨晩のNYダウは196ドル高の大幅上昇で取引を終えました。背景には北朝鮮問題やトランプ政権に対する不透明感が後退し、リスク回避の雰囲気が一転したとあります。チャートを見ても直近の下げは、単なる押し目に過ぎず、意味不明な下げには買いが正解であることがわかります。
『ダウが大幅高!北朝鮮問題というけど、そもそもアメリカ人は北朝鮮知らない件』の画像

日経平均は5日振りに216円の大幅反発となりました。背景として、前日のNYダウが135ドル高となったことや、北朝鮮問題におけるリスク低下で投資家心理が改善したとアナリストは分析しました。でも、少し待ってください。投資家心理が改善した?この一日足らずで北朝鮮の脅威が
『日経平均大幅反発が物語る、株式市場の真実』の画像


↑このページのトップヘ