チョコの株式投資Diary

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary イメージ画像

市場関係


米国株のバリュエーションは高いものの、バブル気味の市場を敬遠するよりもこれから参入する投資家が多そうだ。2020年3月に始まった今回の強気相場で、投資家のリスク意欲の回復が遅かったためだ。投資家が保有する株式と債券・現金を比較したJPモルガン・チェースのモデ
『【朗報】米国株の強気相場は始まったばかりと判明!専門家「これから米国株に参入する投資家が爆増する」』の画像

「ユーラシア・グループ」は「ことしの10大リスク」を発表し、最大のリスクとしてバイデン次期大統領を意味する「アメリカの第46代大統領」をあげました。そして、バイデン次期大統領について、トランプ大統領やその支持者が不当な選挙だったと攻撃を続けることで「国民のほ
『【衝撃】「アメリカの次期大統領」世界の今年最大のリスクにあげられてしまう!バイデン氏によって米経済崩壊、株価大暴落のストーリーはあり得るか』の画像

東京証券取引所は、再来年=2022年の市場再編に伴い、今の「1部」にあたる名称を「プライム」に変えることを正式に決めました。 東証は、国内外の投資家にとって分かりやすい市場にするためとして、1部や2部など、今の4つの市場を再来年4月から3つに再編する計画です。 再
『【絶望】東証1部を2022年から無くし「プライム」へ変更 ← 「むしろダサいしわかりにくい」「暴落したらサブプライムか」』の画像

感染力、最大で1.7倍か Voice of America(VOA)によると、変異種の名称は「VUI-202012/01」。イングランド南部のケント州で12月13日に最初に確認された。変異種の感染者は急速に増え、入院患者数も急増している。イギリスではすでに、新型コロナウイルスのワクチン接種が高
『【絶望】株価大暴落がやってくる!新型コロナ第2形態に進化、ワクチン無効、感染力1.7倍で人類滅亡の危機wwwwww』の画像

マイクロソフト社の創設者で慈善基金の共同代表であるビル・ゲイツ氏は、この半年間に新型コロナウイルスに関するさらに悪いニュースが流れると強調した。サイト「デイリー・ビースト」が報じた。ゲイツ氏は、「寒い冬、私たちはより多くの時間を室内で過ごすことから、ウイ
『【衝撃】株価大暴落再来か!?ビルゲイツ「この半年間に新型コロナの悪いニュースが世界を待っている」』の画像

バイデンラリーが続く世界株式ですが、16日のアメリカ市場においてNYダウがついに歴史的な史上最高値を更新しました。当日は470ドルのプラスで終値は29950ドル、節目となる3万ドルまであと一息です。今年の初めは新型コロナウイルスでリーマンショックを超える大暴落に見舞わ
『【朗報】NYダウ、史上最高値を更新!W・バフェット「ダウは100万ドル突破するからアホみたいにずっと握っとけwwwww」』の画像

9日の取引開始直後からダウは一時+1600ドルと大幅上昇し、史上最高値2万9933ドルと記録を更新しました。そもそも、バイデンが勝利を宣言したことで大統領選を無事EXITしたことへの安堵感が市場に広まったことで、アメリカ株は強気相場に突入していました。そこに米製薬大手
『【悲報】ダウ史上最高値更新も、ポートフォリオが絶賛含み損のヤツの正体wwwww』の画像

アメリカ大統領選挙は、政権奪還を目指す民主党のバイデン氏がトランプ大統領をおさえて当選を確実にしました。バイデン氏は「この国の人たちがもたらした明白な勝利だ。人々の勝利だ」と述べて、勝利を宣言しました。バイデン氏当選によって、民主党が4年ぶりに政権を奪還、
『【衝撃】バイデン当選でアメリカ経済死亡確定へwwwww』の画像

今年11月の大統領選挙では、トランプ大統領とバイデンの一騎打ちとなります。これまでは「隠れトランプ支持者」の存在が数多く存在するとの見解からトランプ大統領が優勢と見られていましたが、トランプ大統領がコロナに感染してしまったニュースが流れたことで、株価や為替
『【衝撃】トランプ大統領コロナ感染で株価急落!次期大統領はバイデン氏に決まりでアメリカ経済死亡確定へ。』の画像

日本で就活する際、東証1部上場企業に入りたいなどと漠然とした憧れを抱く学生は多いです。転職でも中小企業から上場企業に挑戦することをモチベーションにスキルに磨きをかけるサラリーマンも多いように、上場企業とは「名が知られている大きい会社で、儲けているから給料も
『【疑問】株式公開を行わない企業、答えは一言でいうならば○○に尽きる。』の画像

日本株は万年低空飛行、米国株は常に右肩上がりと言うのが投資界隈の常識でもありました。ただ、このトレンドが変わる可能性が高まっています。WBSのインタビューに登場したアメリカ専門家ローゼンワルド氏によれば、バブル期に付けた日経平均株価の最高値、3万8,915円を今後
『【転換点】日本株の時代が来る!?米専門家「日経平均株価の最高値、3万8,915円を今後5年で更新することがあり得る」』の画像

31日の日本市場で5大商社の株価が軒並み+10%前後の暴騰を記録しました。背景にはバフェット率いるバークシャーハサウェイが突如として5大商社の株を5%以上の大量取得をしたことが伝わったためです。バフェットは昔から日本株を購入したことは無く、90歳になって初めて取得し
『【血迷い】W・バフェットが日本商社株購入も、韓国ポスコのようにすぐ売却するでしょうwwwwww』の画像

FRBが物価上昇率が一時的に目標の2%を超えるのを容認する新たな政策方針を導入しました。現在、アメリカはコロナショックの影響でゼロ金利政策となっていますが、コロナが鎮静化したとしても経済回復を優先するために低金利を据え置くというものです。本来、物価が2%に達する
『【朗報】アメリカ株のバブルが来る!FRBが物価上昇率2%超を容認、株価上昇のブーストとなる。』の画像

新型コロナウイルスによってIT後進国でもIT活用が加速しました。今までは「サボってる」と思われるためどこの大手でもほとんど導入されていなかったテレワークが普及し、出張はオワコンになりました。緊急事態宣言解除後も感染が拡大の一途を辿っていることから「新しい生活
『【朗報】世界でテレワークが本格化!第2のドットコムバブル到来でハイテク株がさらに上昇するフェーズへ。』の画像

NYダウは100年以上も前から創設された指数で、米国を代表する企業30社の平均株価を現した伝統ある指数ですが、コロナによって如実に「オワコン化」が加速していました。というのも、コロナ禍で株価は乱高下を繰り返しているわけですが、NYダウ、S&P500、NASQADを眺めるとNYダ
『【朗報】オワコン指数NYダウ、攻めの銘柄入れ替えで将来期待指数に大変身\(^o^)/』の画像

日本経済を良くする簡単な方法。国民がエコ節約もったいないの心を捨てる。お風呂ではお湯をジャブジャブ使いエアコンや電灯はケチケチ切らない。物はたくさん買ってたくさん使い豊かに暮らす。つまり消費を増やすだけで経済は良くなり所得も増える。経済が好調な米国も中国
『【正論】経済が好調な米国も中国も◯◯なんてやってない!再び日本をバブルにするには倹約精神は悪そのものか。』の画像

日本政府は2020年4~6月期のGDPが前期比年率で27.8%縮小したと発表しました。これは1980年以降で最悪の落ち込みとなり、緊急事態宣言下における自粛や消費税増税など、経済を疲弊させています。とはいえ、世界を見れば日本と同じようにGDPが急激な縮小傾向にあることも事実で
『【警戒】欧米など先進国で急激な景気悪化が鮮明に!各国GDP年率換算は軒並み-30〜-60%で株価大暴落は不可避か。』の画像

コロナ禍で様々な業種が業績不振に陥り、株価暴落の憂き目に遭いましたが、反対にコロナによって好業績となり、株価が上昇しているのがハイテクセクターです。特に指数を牽引するGAFAMは好調そのもので、5社すべての直近の決算が増収増益の快挙でした。特にAmazonは売上高が
『【指数】NYダウ、コロナによって時代遅れのオワコン指数に成り果てる。』の画像

インフルエンザは日本だけを見ても毎年1000万人が感染していますが、パンデミックが起きることなく人々は普通に日常生活を送っています。これを可能にしているのが「ワクチン」の存在で、たとえ感染したとしても対処法があるため安心して旅行などが楽しめるわけです。新型コ
『【朗報】WHO「コロナワクチンは来年初頭にも実用化される」→来年世界経済は正常化され、株価は爆上げ必至に。』の画像

今年11月の大統領選挙では、トランプ大統領とバイデン氏の一騎打ちになると見られています。しかしながら、トランプ大統領の支持率はコロナ対策や黒人デモによって急降下している状況で、今や不支持率が支持率を上回っている状態です。そのため、トランプ大統領は唯一の武器
『【選挙】株価に悪影響!?経済政策でもトランプ大統領敗北、次期大統領はバイデン氏に決まりか。』の画像

米ジョンズ・ホンプキンス大学によれば、世界の新型コロナウイルスへの感染者数が900万人、死者数は46万人を超えたとのこと。国別感染者数ではアメリカがトップで230万人、次にブラジル110万人、ロシア60万人、インド43万人、イギリス30万人と続いています。死者数はこれまた
『【警戒】世界の感染者900万人、死者46万人に!株式市場は第2波を折り込み弱気相場突入か。』の画像

新型コロナウイルス第2波到来を危惧した売りが世界的に広がっています。感染発祥の地となった中国では、収束したとして人々の経済活動を通常運転に戻したところ、北京で1日に100人近く感染するなど最大の試練に直面しています。クラスターとなった市場はロックダウンとなりま
『【暴落局面】第二波到来で再び株価急上昇する株とは。』の画像

日銀はアベノミクスにおける量的緩和政策として、市場に大量マネーをばら撒く「日経平均のETF買い」をしていました。毎年のようにETFの買い入れ枠は増えていき、今では日本の大企業のほとんどの大株主が日銀という、共産主義の中国でさえ驚くような「極めて歪な」市場が形成
『【爆買い】日銀のETF購入額、既に買入額が去年超え!その額なんと4兆4000億円で日本株市場を歪ませるwwww』の画像


↑このページのトップヘ