チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間207万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

マネー論

確定申告で戻ってくるお金は結構ある。面倒だが覚えればラク わたしは出産ってほぼ無料でできるものだと思ってたら、妊婦健診で約6~7万、分娩と入院で19万自己負担した。 ほとんど貯金なかったし、産休入ってから手当でるまでに時差あって収入もなかったからまじでやばか
『出産育児一時金が貰えない?国は申請されると損するので、積極的に教えない。』の画像

驚くことに、デフォルトは世界各国で当たり前に起きている 経済が不安定な国は、ほんの少しのリスクが露呈するだけで、デフォルト懸念が高まります。たとえば、アメリカの経済制裁によりデフォルト懸念が勃発したトルコでは、トルコ通貨であるリラが大暴落し、トルコ国民は
『日本がデフォルトしないとは限らない?円よりドル資産を持つ重要性。』の画像

需要が高ければ値段は高くなり、需要が下がれば安くなる 青森で開催されたねぶた祭では、300万人近くの参加者を記録し、熱狂のうちに幕を閉じました。そんな中、とある青森市内の駐車場でも「法外な値段」により、利用者が熱狂(発狂?)しています。駐車場はコインパーキング
『駐車場の料金1時間5,000円はボッタクリ?需要と供給で値段は決まる。』の画像

税金が安かった軽自動車までも、あっけなく増税された 運転免許ローンという制度があるように、日本ではローンをしなければ「免許すら取れない人」がたくさんいます。特に、若者はお金が無いことから、免許取得の敷居は高く、年々取得率は下がっています。様々な日本の産業
『若者は車を敬遠。免許取得にローンで借金、車購入にもローンで借金。』の画像

奨学金によって自己破産にまで追い詰められる人が増えている 奨学金というのは、家庭に経済的余裕が無いことで進学を諦めなければならない学生に対して、奨学金運営組織が学生に融資をする制度です。そもそも、厳密な奨学金の定義は、優秀な学生に対して、修学を促すことを
『奨学金破産が増加。学生は「奨学金は借金」となかなか気付けない。』の画像

最近のコインランドリーはオシャレで綺麗 厚生労働省によると、コインランドリーが年々増え続けているそうです。たとえば、2005年には1万3746軒だった店舗数が、2015年度には1万6693軒まで増えており、10年弱で1.2倍になっている計算になります。さらに、最近ではコインラン
『コインランドリー経営の副業。雨が多い日本では安泰のビジネスか。』の画像

アクセスが殺到しすぎて、サーバがダウンしてしまったAmazon 先日開催されたアマゾンのプライムデー2018は、過去最高の売り上げを更新したそうです。EC市場の一大ショッピングイベントである「サイバーマンデー」や「ブラックフライデー」と比較しても、史上最大級の盛況と
『セールで買うと余計な出費がかさみ、結果的には損をする。』の画像

大企業は100万近くボーナスを貰えたが中小企業は貰えていない 日本経済新聞によると、2018年夏ボーナスは日本の全産業平均で82万9,000円となり、大企業に至っては96万7,386円となりました。上場企業で支給額1位のソニーに至っては、平均で166万8,500円の支給となっています
『ボーナスが出るだけマシな世の中。中小企業はそもそも貰えない。』の画像

JAのCM(ちょちょ貯金♪ちょちょ貯金♪) 夏ボーナスの季節ということもあり、「どの銀行に預けようかな?」と考える方も多いでしょう。堅実に資産を増やすなら、"ボーナスはやっぱり定期預金"という常識は、"婚約指輪は給料3ヶ月分"と言われるくらいの不文律で、未だに日本で
『「ボーナスなら定期預金」は、なぜ今も根強く浸透しているのか?』の画像

ソシャゲはパチンコです。いや、スマホでポチポチするだけのシンプルな操作、派手な演出、射幸心を煽るガチャ、ギルドイベントなど、ひょっとしたら24時間どこでもプレイできるソシャゲは、パチンコよりも依存性を強めてしまう要素を秘めているのかもしれません。とはいえ、
『ソシャゲにお金を使う=お金減る、投資にお金を使う=お金増える!』の画像

金融広報中央委員会によると、2017年に実施した「家計の金融行動に関する世論調査」において、金融資産を保有していないと答えた2人以上の世帯が31.2%に上ることがわかりました。単身世帯では、なんと46.4%が貯金ゼロという実態が判明しています。さらに、2人以上世帯に限っ
『日本の貯金ゼロ世帯が46%を超える!貧富の差がますます顕著に。』の画像

ブランド・メーカーは"法外な価値"を売っている 利益とは何でしょうか?ざっくりいうと売上から必要経費(人件費、広告費、税金など)を引いたものです。一般に、日本の上場企業における利益率の平均は5〜10%と言われています。たとえば、日本で最も稼いでいるトヨタ自動車の
『貧乏人はブランド品を買い、金持ちはブランド株を買う。』の画像

日本人に金を使わせることが、こんなにも難しいとは思わなかった。日銀の黒田総裁がスイスのチューリッヒ大学で講演を行った際、このようにポロッと本音を零してしまったように、日本人は本当にお金を使いません。墓の中にまで現金を持って行こうとしているのか、現金を大事
『日本人は何の目的も無く"ただ念のために"貯金している!』の画像

政府は今年中に副業を解禁します。これだけ世の中が速いスピードで進んでいる中で、終身雇用を前提としたやり方が難しくなっているからです。今まで盤石だと思われていた企業も、舵取りを間違えればあっという間に倒産の危機に陥ることも珍しくはありません。つまり、会社に
『大副業時代到来で収入格差はますます広がる!稼ぐにはどうしたらいいのか?』の画像

心理学者ウォルター・ミシェルの研究結果によると、「目の前のマシュマロを我慢出来るか否か」で、将来の収入が大きく変わってくることが解っています。これは、マシュマロ実験と言い、まず子どもにマシュマロを1個見せます。子どもは甘くて美味しいマシュマロが大好きです。
『【勝ち組の心得】あなたはマシュマロを食べるのを我慢出来るか。』の画像

「たくさん勉強して、テストで良い点取って、良い大学入って、良い会社に就職しなさい」 昭和の時代は、この神話こそがお金持ちになれる唯一の方法だと本当に考えられてきました。そのため、子どもの頃から勉強漬けで、受験戦争に勝ち抜き、大人になれば会社人間として全う
『高学歴=金持ちではない。カネと学歴は無関係である真実。』の画像

家計に大打撃となる消費税増税 消費税率10%への増税が迫っています。増税の予定日は2019年10月なので、あと1年で8%の時代は終わります。そもそも、消費税は2014年4月に5%から8%へと引き上げられ、2017年4月には10%に増税される予定でしたが、増税により想定以上に景気が冷え
『消費税10%への増税で、給料の賃上げ分は相殺される!』の画像

日本人は保険が大好きです。保険が好きすぎて、保険に入りすぎて、「保険貧乏」になるという冗談のような人が多くいるほど、日本人は保険の魔術に取り憑かれています。なぜ、こんなにも日本人は保険が大好きなのかというと、「将来が不安で不安で、安心したいから」です。実
『保険は99.9%損をする国公認ギャンブル。』の画像

こんばんわ。いつもブログを楽しく拝見しております。chocoさんはよく「節約を徹底せよ!!」とブログで複数に渡り書かれておりますが、chocoさんが普段やっている節約術に興味があるのでブログでまとめてくださると嬉しいです。それでは体調の変化に気をつけて日々をお過ご
『究極の節約術とは?』の画像

日本は先進国の中でも金融リテラシーが低い夜中にテレビを見ていたところ、1年で2,600万円稼いだことで有名な杉村太蔵氏が番組に出演しており、株式投資の話をしていました。しかし、株式投資のメリットを熱弁するも、他の芸能人が「株なんてギャンブルでしょ!wwww」と笑い
『日本人の金融リテラシーはなぜ低いのか?』の画像

重税に苦しんだ民衆が、革命を起こして歴史を変えたAmazonの年次報告書によると、売上高が日本だけで8387億円に達していることがわかりました。しかし、Amazon日本法人が納税した額は、たったの899億円であり、売上規模にしては税金をほとんど納めていない実態が明らかになっ
『Amazonの税金逃れは悪なのか?』の画像

借金450万抱えてしまった…。高校のときのA先輩に「保証人になってくれ」「絶対に迷惑かけない」と言われ、まあ50万ならとサインした。先輩「保証人になってくれ。絶対に迷惑かけない」俺「50万なら…」先輩「全て返済した」俺(これで安心だ)銀行「450万払って」俺「?!」
『借金する人と関わってはいけない。』の画像

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの創業者である前澤氏世の中、所詮オトコはカネと言いますが、これは正しい理論です。学生時代は容姿などがモテる要素となり得ましたが、大人になればやはりカネ。特にオトコは経済力が重視されます。愛だの恋だの言ってても、カネが無け
『世の中、所詮オトコはカネ。』の画像

車は罰金車を持たない若者が増えています。ここ最近の調査では、なんと5割超が「車なんて買いたくない」と回答したというデータがあります。そもそも、日本の自動車税はアメリカの49倍という超重税国家で、車に乗ることがもはや「罰則」みたいになっている日本では、移動手段
『車を持たない若者。車は罰金。』の画像

↑このページのトップヘ