チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成)

米国株中心に投資しています。 Profile:東証1部上場企業に勤めるITエンジニアさん

チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

マネー論

配当金。それは企業が事業活動で得た利益を株主に還元するもの。株式投資の真髄でもあります。ネットを見ていると、そんな配当の威力に気付いてしまった勇者がまた一人・・・株式投資で配当金積み重ねて行ったら金持ちになるのでは?インフラ系のやつ買えば空から金が降って
『配当金最強伝説!!でも、配当金を見栄でブランド浪費するのはもうやめよ・・?(大粒涙)』の画像

正社員になってもたかが知れてるAさんは愛媛から上京して都内の私立大学を卒業。卒業後は2年ほど貯金を切り崩して生活した後、2012年から契約社員として郵便配達の仕事を始めた。就活しても正社員になるのは厳しいし、東京は時給が高いので契約社員でもやっていける。フルタ
『猫に小判、成金の行方。』の画像

缶コーヒー、ポチッとな!コーヒーうまい。まてぇぇぇいっ!!!!缶コーヒーに使った100円を配当で得るには、原資がいくら必要でしょうか?年3%の利回りが期待できる株だとすると、単純計算3,400円分の株が必要なわけです。つまり、1,000円を得るには34,000円、10,000円を得
『100円を大切にしよう。1円でさえも大切にしよう。』の画像

ビルゲイツはMicrosoftの創業者です。その金持ちぶりは世界随一であり、世界長者番付では1994年から2006年まで13年も首位に君臨していました。どれだけゲイツは稼ぐことができるのか?なんと、ゲイツは秒速で55,000円をも稼ぐことができます。人が一回呼吸するだけで5万円も
『ビルゲイツは1秒55,000円を稼ぐ倹約家である。』の画像

ロバート・キヨサキ氏の著名書「金持ち父さん 貧乏父さん」によれば、お金をポケットに入れてくれるものを資産と呼び、お金をポケットから奪っていくものを負債と定義しました。つまり、ガチホしてるだけで配当がチャリンチャリン入る株などを資産と呼び、ガチホしてるだけで
『お金をポケットから奪っていくものは負債。』の画像

今月はボーナスと給料のダブルの恩恵を受けておられる方も多いのではないでしょうか。かくいう私も、本日が給料日であります。毎月定期的な収入があるということは会社勤めをしていると当たり前と錯覚してしまいますが、安定した収入というのは大変ありがたいことなのです。
『一般人は粛々と会社勤めしていたほうが良い。』の画像

お給料日。今日がお給料日の方も多いのではないでしょうか。安定的にインカムをいただけるというのは、本当に素敵なことなので、会社に感謝したいですね。これは、自分が会社経営をすると、ありがたさが良くわかるのだそうです。「上には上の苦労がある」でしょうかね。■投
『お給料日☆投資資金は「インカムからの捻出」が基本です。』の画像

ラットレース。それは、働いても、働いても、一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中でクルクル回っているネズミに似ていることから生み出されたワード。金持ち父さんの著者、ロバート・キヨサキ氏が生み出した言葉です。改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ち
『年収2,000万円でも家計カツカツな外資系社員。』の画像

誤解を恐れずに言えば、人の心はお金で買えるのです。経済的に貧しくなると、人間は狂気に走ります。私よりみんなのほうがよっぽど拝金主義だ。それなのに、お金の本質が理解できていないから、いつまでも豊かな生活が送れないのだ。お金というのはお金が好きなところに集ま
『経済的に貧しくなると、人間は狂気に走る。』の画像

10月分のお給料が振り込まれていました。定期的に大きなインカムが入ることは嬉しいことです。ところで皆さま。きちんと節約してますか?労働者が投資額を捻出するためには、節約が不可欠です。資産を形成する方程式は、種銭 × 利回り × 年数 = 資産となります。どれか一
『10月分のお給料が振り込まれました。節約していますか?』の画像

↑このページのトップヘ