チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

国内最大級のお金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

IT・仮想通貨


夢はいつか覚める(画像=NEM長期チャート) 三菱UFJフィナンシャル・グループと米IT企業のAkamai(アカマイ)は、世界最速の取引処理性能となる新型ブロックチェーンを開発したと発表しました。その実力は、実に毎秒10,000,000件もの取引を処理出来るまさにモンスターです。両
『夢相場の終焉。仮想通貨は全て淘汰される。』の画像

日本の大企業がこぞってイノベーションの聖地であるシリコンバレーに社員を派遣し、ITイノベーションを加速させようとする様子がWBSで放映されていました。自動車大手のホンダは、スマートフォンのアプリでのカーナビを実装するために、現地のベンチャーと協業しているといい
『日本人はシリコンバレーから嫌われている。』の画像

日本一の証券会社である野村證券を傘下に抱える野村ホールディングス。この会社の2019年度における新卒採用人数が、ここ5年間で最低水準になることがわかりました。背景には、AIの活用で大幅な業務効率化が実現したためです。特に証券会社はトレーディングでの収益が大きい事
『いよいよ日本でも、AIによる労働者淘汰が始まった。』の画像

[FB]フェイスブックの株価が大きく下落しています。背景としては、アメリカ大統領選でトランプ当選に貢献した選挙コンサルティング会社(ケンブリッジ・アナリティカ)が、フェイスブックのユーザ数千万人の情報を本人の同意なしに保持し、不正利用した疑いが浮上したためです
『フェイスブック(Facebook)は、なぜ世界を変えられたのか?』の画像

IBMを語る前に、日本のIT産業を見てみましょう。日本のIT産業は、アメリカ製品を組み合わせて提供するSIer(システム・インテグレーション)業しかありません。中には自社製品を製造して販売するメーカーもありますが、とてもニッチな産業に留まります。実際、国内製品が使われ
『IBM復活のカギは、人的ビジネスからの脱却である。』の画像

地球の裏側から名医が手術出来るとしたら、あなたはどう思いますか?・・・安定のディフェンシブ株と言われているAT&Tやベライゾン通信株。ディフェンシブとは、特に大きな成長は見込めないまでも、安定的な収益を確保し、安定的な株主還元を実現している銘柄の総称です。し
『次世代"FANG"は、ディフェンシブ代名詞の通信株になる可能性。』の画像

1月3日。CPUに関連する脆弱性情報が公開されました。この脆弱性は、スペクター(Spectre)、メルトダウン(Meltdown)と呼ばれるものです。インテルは自社CPUに潜むバグの存在を正式に認め、脆弱性に対する見解を発表しました。・スペクター"Speculative Execution(投機的実行)"
『[INTC]インテルのワイド・モートビジネス。』の画像

2月13日にNEM流出に関する問題を受けて、記者会見を開いたコインチェック。当日は社長の和田氏は不在で、COOである大塚氏のみが登場する形となりました。そんなコインチェックは日本円の出金を同日に再開し、わずか一日足らずで401億円の出金記録を確認したといいます。しか
『コインチェック、破滅へのカウントダウン!?』の画像

のび太くんも仮想通貨やっちゃったってよ!さて、仮想通貨全体の相場がまた上向きになってきたこともあり、再びぽろぽろ強気ツイートを目にすることが増えてきました。そこで、再度仮想通貨のデメリットを警告しておきたいと思います。ただ、勘違いしてほしくないのはチョコ
『仮想通貨は辞めて、株式投資をした方が良いシンプルな理由。』の画像

チョコ@米国株中心の投資家@chocochoco0202◾️学歴の差・職歴の差 コインチェック社長経歴→高卒(大学休学)ビットフライヤー社長経歴→東大卒、ゴールドマン勤務経験アリまあ学歴なんて今の時代正直どうでもいいんですけど、ビットフライヤーは金融界における身の振る舞い方
『コインチェックとビットフライヤー。』の画像

ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワイのNEM…ワ
『CoincheckがNEMを補償!!自己資金で円返金へ。』の画像

国内のビットコイン取引所大手のcoincheck社で、顧客の預かり資産とみられる仮想通貨「XEM」が5.4億XEM、日本円にして約620億円以上が引き出されていることが大きなニュースとなっています。この報道を受けて、NEMは-13%以上の大暴落。NEM坊や、息してる〜!? 報道によると
『NEM暴落!目に見えない「安全性」も投資ポイントに加えるべき。』の画像

ツイッターでも話題になっていたのですが、消費生活センター(笑)に仮想通貨の相談が急増しているそうです。そもそも、普通に投資を勉強している人であれば、投資に失敗することは自己責任の他ならないということを理解しているはずなので、「消費生活センター」に相談すると
『投資は全て自己責任!カモにされたくなければ勉強しましょう。』の画像

ふっかつのじゅもん1.損失確定のボタンを押す。2.全額JPYに変える。3.SBI証券かカブドットコム証券の口座を開設する。4.S&P500(SPY/1557/VOO/IVV)という銘柄に全額投資する。5.20年放置する。今も地獄の業火に焼かれ続けている火葬痛貨民ですが、上記5つの呪文を唱えるだけで
『【S&P500】火葬痛貨民を救うふっかつのじゅもん。』の画像

FANGと呼ばれるIT企業の勢力が、今年も存在感を増しています。FANGとはフェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルのイニシャルを組み合わせた造語です。事実、2017年のアメリカ株高の相場はFANGが牽引したと言っても過言ではなく、未だその勢力は
『ネットフリックスやフェイスブックには投資できない理由。』の画像

仮想通貨は暴落後、反発しようとするもののあえなく撃沈!というヨコヨコ相場を繰り返しています。さて、暴落前に仮想通貨に全生命を賭けていた方々を、ここで振り返ってみましょう。ごらんください!実際、仮想通貨に投資している人ってだいたいがこんな人たちなんですよね
『米株投資家様だけ特別に、極上の酒のツマミをご用意いたしました。』の画像

センセーショナルなタイトルでこんにちは。ブルゾンチョコ with B です。決して煽っているわけではなく、 仮想通貨も株主優待も元の思想はめちゃくちゃ価値があります。ただ、当然のことながら使い方を誤ると価値は毀損される。仮想通貨なんかはインターネット誕生以来の大革
『まだ仮想通貨と株主優待で消耗(以下略』の画像

NISA作ったんだけど、何買えばいいかね?好きなの買えばいいんじゃないの?どれも高いのよ。日経24,000円超えちゃってるし。お、まじだ!昨夜のダウが高値更新したからかも。アメリカ株はいかんの?まだ外国株は怖いんだよね~。ほう。日本株でNISAだったらまずは王道のみず
『リアルNEM坊やが大量発生中!!』の画像

仮想通貨やばいですな。大暴落。まあね。どこもかしこも規制したらそりゃ落ちるよね。ボーナスが出て、年末年始に始めた人が多いらしいし、いきなり大暴落の洗礼を受けてかわいそう。Twitter見てると数千万、数億とか損失出してる人もいたね。レバかけて追証食らってる人もい
『仮想通貨とMicrosoft。』の画像

さて、まずは仮想通貨民の地獄の声をお聞きください。ワイモナコイン2800円購入民、もう報われないと知り咽び泣く震えてネムれビットコインだーモナコインだーリップルだー全部高値で掴んだやつ\   ヽ   |    /    /  \  ヽ  |   /  /\       
『仮想通貨民は全員米国株に移行せよ!!』の画像

(Huluで配信されている米ドラマ「シリコンバレー」超オススメ!!)2017年に特許を最も多く取得したアメリカの企業はIBMでした。これで、IBMは25年連続での最多特許獲得企業となり、2016年の特許数記録を塗り替えたことになります。IBMがここ最近で重要視している特許は、仮想通
『IT銘柄に集中投資したいと考えている場合。』の画像

テレビ東京の経済番組モーニングサテライトが調査した結果によると、2018年に始めたい投資をアンケートしたところ、なんとアメリカ株への投資が仮想通貨を抜き2位となりました。何を買っても億り人と言われている仮想通貨を抜くって・・・すごくないですか!?専門家によると
『【朗報】アメリカ株を始めたい人が仮想通貨を上回る!』の画像

2000年から2010年までに消えた製造業の仕事。実に88%が自動化されました。そして今、ウォール街にもロボットの影響が・・・。縮小する銀行。コスト削減が迫られる中、窓口業務の人員は継続的に減少の傾向にあります。技術の進歩により、コンピュータは自動で学習するコードを
『完全に終わっている理論。』の画像


↑このページのトップヘ