チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

IT・仮想通貨


Oracleは大規模システムで使われるソフトウェア バークシャーはバフェットの投資会社ですが、昨年アップルを1%程売った後にITシステム開発大手のオラクル(ORCL)株を取得していました。オラクルはデーターベースソフトウェアの世界シェアNo.1で、数多くの企業のシステムに導入
『バフェットがオラクル(ORCL)株を売った理由が判明→株主「じゃあ最初から買うなよ・・・」』の画像

みずようかん@mizuyoukan81NEM3円台とか、マジでか。コインチェックゴックスからの、88円補償からの、3円台!私も、10円切ってちょっと落ちてから少しだけ買ったけど、そこからさらに落ちてて笑えるわ。笑わせんな!笑えない。。。 https://t.co/XKWSPtP4kO2019/02/05 18:06:
『【朗報】NEMが3円台まで大暴落!仮想通貨民は泡吹いて失神www』の画像

日本人がアメリカIT企業のトップになれる日は来ない 日本はIT後進国と言われて久しいですが、その理由のひとつとして、新規事業に投資する余裕が無いことが挙げられます。たとえば、アメリカのソフトウエア保守サービス大手のリミニストリート社のCEOは、「日本企業はオラク
『日本でIT化が遅れる理由。システム運用保守にコスト9割もかけ、新規事業に投資するカネが無い。』の画像

人間と全く違いが分からないレベルまで進化するAI 中国の国営通信社である新華社にて、世界初のAIアナウンサーが登場しました。動画を眺めていると、もはや本物なのかAIなのか分からないほど、表情も動きも人間そっくりに出来ており、もはやアナウンサーであってもAIで良い
『AIの進化で高給取りのエリートたちがクビになる日。』の画像

仮想通貨は儲けを生み出す金の鶏か?それとも… 世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由 [単行本]松本 大東洋経済新報社2013-11-29米国経済はリーマンショックの清算を終えて、いよいよ本格的な好景気に入っていこうとしています。今後、長期的にみ
『コインチェックに未来はあるか?米国株の裾野を広げたマネックス松本氏が仮想通貨にお熱。』の画像

ビットコインに投資した人、ほぼ全員が大損している 投資で人生一発逆転などあり得ません。なぜありえないのか?と言えば、このように考える人は、自身が賭けられるリスクを遥かに超えた勝負に出る性質があるため、たとえマグレで勝てていたとしても最後には必ず大きな賭け
『投資で人生一発逆転は存在せず。相場の餌食になり、泡吹いて退場。』の画像

スマホの登場でネットに流れる通信量は一気に増大した 「ネットの情報は永遠に残る」というのが定説となっています。ネットにUPしたものを誰かがコピーすれば、そのコピーがまた誰かにコピーされ、元を消しても延々と無限増殖していくからです。たとえば、このブログも人間
『ネット通信量が増え続ける中、投資家が10年保有すべき株とは。』の画像

IBMは全体を通して見ると、そこまでパフォーマンスは悪くない FAAMGの一員であるMicrosoftは勝ち組で、IBMはオワコンと言われて久しい。IBMはITの巨人と言われたハードウェアの天下から、インターネット革命の波に乗り遅れて、GoogleやMicrosoft、AppleなどのIT銘柄の株価が
『IBMは本当にオワコンなのか?Microsoftも長い冬の時代を経験した。』の画像

再開発中の渋谷。日本のシリコンバレーを目指すらしい 世界各国では「次のシリコン・バレー」を目指すべく、国を挙げてIT先進国になろうと努力していますが、日本だけは周りを見渡してみても、どうもイノベーションを起こしてくれそうな会社が何一つ見当たりません。たとえ
『日本のIT産業がいつまで経ってもショボイわけ。』の画像

リップルは400円まで上昇したが、わずか半年で20円まで大暴落 今日は友人の葬式に行ってきた。メディアが数人… XRP関連のニュースになるかもしれない。遺書には初心者で年明けからあるツイッター見て買い増し続けて、最後には借入していたみたいで3日前に部屋で○吊ってた
『リップル(XRP)への投資失敗で命を絶つ若者たち。ビルゲイツやバフェットは去年から警告。』の画像

将来的にAIの普及で、ロボット愛護法まで成立する可能性も AIにより人間の仕事が奪われると言われていますが、実際これは本当で、影響を受ける職種は多岐に渡ります。既に銀行窓口や飲食点のレジなどは機械化によって店員が削減されていますが、AIの登場により専門知識を必
『AI時代の大量リストラに備えて、新たなスキルを身に付けてもムダ?』の画像

何もかもがネットに接続される時代、潤うのは通信事業者 IoTという用語が流行っていますが、これは全てのモノがインターネットに繋がるという意味で、具体的にはエアコンや冷蔵庫、掃除機やスピーカーなどに留まらず、家や車でさえもネット接続されます。ハウスメーカーはス
『スマートハウスで全てがネットに繋がるIoT時代。通信事業者には追い風か。』の画像

プーさんとバカにされた習近平はプーさんをネットから締め出し Googleが巨大な市場である中国に向けて、再参入する意向を示しています。中国ではインターネットは全面的に政府の管理下にあり、国民の情報は統制されています。たとえば、検索エンジンに「天安門事件」と入力
『Googleが中国向け制限付き検索エンジン。「悪いことに手を染めない」という創業者の哲学は何処へ。』の画像

インターネット接続機器は増え続けており、これを支えるシスコ ネットワーク最大手のシスコシステムズ(CSCO)が好決算を発表し、株価が+3%と急伸しました。シスコはインターネット黎明期から、ネットワーク機器の開発・販売を手掛けており、世界中のキャリアや企業で使われて
『シスコシステムズ(CSCO)が好決算。ハイテク銘柄ならNYダウから選ぶ。』の画像

新興株は時価総額が小さいので、すぐに仕手化して乱高下する ビットコインが急上昇したことで、「仮想通貨が世界を変えるコインだ!」と人々は熱狂しました。しかし、実際のところは仮想通貨の時価総額が小さすぎたので、仕手筋によって値段が意図的に高騰していただけでし
『ビットコインバブルは仕手株と原理は同じ。長期投資など愚の骨頂。』の画像

Microsoftを復活に導いたサティア・ナデラCEO マイクロソフトの株価は「これから更に伸長していくのではないか?」と専門家の間で噂されています。それは、マイクロソフトのビジネス形態が顧客から長くお金を徴収し続けられるサブスクリプション・モデルに順調に移行してい
『マイクロソフト(MSFT)を復活させたサブスクリプション・モデル。FAAMGで最も有望。』の画像

仮想通貨は「存在価値無し」だが、ブロックチェーンは革命 ハッキリ言って、この期に及んで仮想通貨に投資する人はセンスがありません。99.9%の仮想通貨投資家は、仮想通貨の「か」の字も分からないまま、去年の上昇相場の祭りにヤジウマのノリで入ってきた投資家です。しか
『ビットコインは最悪のバブル。勉強代と思って損切りが必要。』の画像

仮想通貨相場の暴落により、大きな損失を抱えて自殺してしまうという悲しいニュースが後を絶ちません。たとえば、仮想通貨投資に失敗した20代の大学生が、うつ病と不眠症に苦しみ、自ら命を絶ったケースもあります。更に、風呂場で練炭を焚いて自殺、電車飛び込みなど、悲劇
『仮想通貨で自殺が止まらない!悪質アフィリエイターは罪の十字架を一生背負って生きていけ。』の画像

完成までに300年以上を要すると言われるサグラダ ・ファミリア みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)は、国内第2位のメガバンクである「みずほ銀行」を抱える巨大金融グループです。旧富士、第一勧業、日本興業の3行が前身であり、主に国内向けの融資業務に強みを持って
『みずほFGの新システム移行は、なぜ大きなニュースになっているのか?』の画像

夢はいつか覚める(画像=NEM長期チャート) 三菱UFJフィナンシャル・グループと米IT企業のAkamai(アカマイ)は、世界最速の取引処理性能となる新型ブロックチェーンを開発したと発表しました。その実力は、実に毎秒10,000,000件もの取引を処理出来るまさにモンスターです。両
『夢相場の終焉。仮想通貨は全て淘汰される。』の画像

日本の大企業がこぞってイノベーションの聖地であるシリコンバレーに社員を派遣し、ITイノベーションを加速させようとする様子がWBSで放映されていました。自動車大手のホンダは、スマートフォンのアプリでのカーナビを実装するために、現地のベンチャーと協業しているといい
『日本人はシリコンバレーから嫌われている。』の画像

日本一の証券会社である野村證券を傘下に抱える野村ホールディングス。この会社の2019年度における新卒採用人数が、ここ5年間で最低水準になることがわかりました。背景には、AIの活用で大幅な業務効率化が実現したためです。特に証券会社はトレーディングでの収益が大きい事
『いよいよ日本でも、AIによる労働者淘汰が始まった。』の画像

[FB]フェイスブックの株価が大きく下落しています。背景としては、アメリカ大統領選でトランプ当選に貢献した選挙コンサルティング会社(ケンブリッジ・アナリティカ)が、フェイスブックのユーザ数千万人の情報を本人の同意なしに保持し、不正利用した疑いが浮上したためです
『フェイスブック(Facebook)は、なぜ世界を変えられたのか?』の画像


↑このページのトップヘ