0F09EA58-2E80-46C3-AE0B-3A0D92A7DBC8

日本人はほぼ英語が出来ません。

これは、日本は海に囲まれた島国であるにも関わらず1億を超える人口がいるし、内需だけで高成長を遂げられた稀な国であったため、そもそも英語を習得しなくても何の問題も無く生きていけたためです。

しかし、世界を見渡すと独自の言語を使いながらも、英語を必修としている国は多いです。なぜなら、途上国では外資系に就職の活路を見出さなければ、まともな生活が出来ない環境下に置かれている国が多いからです。そのため、学生のうちから必死になって英語を勉強します。

つまり、日本人が英語が苦手なのは「必要に迫られていないから」であって、必要に迫られれば英語なんて言うものは誰でも習得出来ます。

今までは英語習得に胡座をかいていた日本人も、日本語だけOKとはなかなが難しい情勢になって来ています。国内の出生率が減少の一途を辿る中で、海外に売上の活路を見出していかなければならないからです。

そもそも、日本企業では海外進出が遅れていると言われていますが、最も大きな弊害となっているのは言葉の壁だと言われています。

英語が出来る、出来ない、これだけの要素によって、今後は企業の命運を左右することになり得るのです。

さて、とある東大生が英語の重要性を訴える内容を匿名掲示板に投稿したことで、以前話題を呼びました。

SPONSORED LINK


アメリカで英語が理解出来なさ過ぎて嫌になった。

交友関係は特に苦労した。
 
特につらかったのが飲み会だ。

授業とは違って崩れた英語が話される上に、周囲が騒がしいこともあり、なかなか会話を聞き取れない。
 
誰かが楽しげにジョークを言い、周りの皆が腹を抱えて笑う中、僕一人それを理解できずにいた。
 
オチを聞き返して白けた目で見返されるのが怖く、かといって一人だけムスッとしていると余計に仲間に入れないから、わかったフリをして作り笑いをした。

そんなことを繰り返す自分が嫌でたまらなかった。

気が滅入ると余計に口から言葉が出なくなり、眼前を縦横に飛び交う会話に入ることができず、ただ黙って座っている時間はとても長く感じた。
 
手持ちぶさたなせいでビールの減りが早く、楽しくもないのに酔いだけが回った。

これが現実な模様wwwwwww
 
やっぱり英語出来ないカスは劣等人種だ。
 
全員殺処分でいいくらいだ。
 
アメリカおよび英語圏が全ての基準だからマジで。

なぜなら、世界は英語圏を中心に回っているからだ。

日本語圏の価値観など、全てが無意味である。

英語圏じゃ英語出来ない奴は割とマジで家畜未満の扱いだからな。

そして英語圏こそが世界の中心だ。

英語が出来ないくせにインターネットをやってるのって、目隠ししながら観覧車に乗っているようなもんやで。

それくらい、英語の情報量は圧倒的だ。

シンガポール、香港、マレーシア、フィリピン、インドなど、英語発祥の地であるイギリス移民が築いた国でない旧植民地でさえ、英語の重要性を理解し、英語の習得に力を入れることに必死になっています。

外国人の投資を呼び込みたいなら、英語通用度は極めて重要な要素なのです。

そのため、国を挙げて、母国語を半ば捨てて、初等教育から英語で教育するやり方に切り替えてしまうことも珍しくありません。

日本がこれからのグローバル競争で他国に打ち勝つためには、国民の英語習得が必須になることは明らかです。 

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK