643E84EA-7EA2-4AD2-9094-DC758763C19B
45A898ED-B1D7-409A-AF08-7A7A4E1ED3B8
7BF864D2-37D4-4B4E-A2CF-CD698B8DB0BE

ソシャゲはパチンコです。

いや、スマホでポチポチするだけのシンプルな操作、派手な演出、射幸心を煽るガチャ、ギルドイベントなど、ひょっとしたら24時間どこでもプレイできるソシャゲは、パチンコよりも依存性を強めてしまう要素を秘めているのかもしれません。

とはいえ、パチンコの方がまだマシなのは、当たりを引けば換金することが出来るところです。

総額ではパチンコ店が儲かるように設計されているものの、たまに投入した金額以上の儲けを出せる仕組みにしていることから、ソシャゲよりはまだマシな部類と言えるでしょう。

更に、パチンコは土地代や人件費など、経営するにあたって一応それなりのコストをかけているので、ソシャゲ会社よりは儲けられない構造となっています。

つまり、ソシャゲ会社はボロ儲けなのです。

SPONSORED LINK


さて、なぜソシャゲがボロ儲けなのかというと、ソシャゲは使い回しのプログラムや、通信インフラのタダ乗り、ガチャカードは絵師に破格で作成させるなど、ほとんど運営コストがかかっていません。

そればかりか、物理的な設備をほとんど保有していないわけですから、利益率がとんでもなく高いマネー・マシーンと化しているのです。

そんなボロ儲け搾取ゲームにせっせと課金をしたところで、いつかはサービスが終了します。ユーザに残るのは減りに減った預金通帳と、消費者金融からの借金です。そして、ソシャゲに注ぎ込んだ貴重な時間は二度と戻りません。

ソシャゲを引退したユーザが軒並み後悔の念をSNSに呟いているように、基本的には思い出もクソも残らないのがソシャゲなのです。

対して、投資にお金を使えば、減るどころか増えていきます。

しかも、日本株や米国株などの世界分散投資をしていれば、時差の関係で24時間投資を楽しむことが可能です。スマホでどこでもいつでも可能な資本主義ゲームをプレイ出来る超高速インターネット環境もどこにでもあります。

さらに、投資を通じて私たちが生きる社会の仕組みが学べるため、最もやり甲斐のある「人生という名のクソゲー」を攻略する、有効な戦術を手にすることが出来るというわけです。

投資というのは、資本主義社会である以上、ソシャゲのようにサービス終了することもなければ、永遠に繁栄していく構造になっているため、死ぬまで楽しめる設計にもなっています。

つまり、単純で究極な

ソシャゲにお金を使う=お金減る、投資にお金を使う=お金増える!

というロジックが完成するのです。

電車に乗っていると、サラリーマンたちが必死になって長い時間ソシャゲをポチポチやっていますが、究極の人生の無駄遣いであることを自覚した方がいいでしょう。

ソシャゲ課金にハマった人ほど、投資に興味が持てると思いますよ。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK