8FAC0D47-4DC1-493A-A893-03A1E85BCE9A

世界人口は、これからさらに急増することが見込まれています。

国連が発表した「世界人口予測2017年改定版」によれば、世界人口は毎年約8,300万人も増えており、現在は76億人、2030年に86億人、2050年に98億人、そして2100年には112億人に達すると予測されているのです。

人口増加は経済成長と比例します。

近年では中国やインドが驚異的な経済成長を遂げていますが、根底には人口ボーナスの恩恵があります。日本の高度成長だって、ベビーブームで一気に人口が増加して、特需が生まれたからに過ぎません。そのため、人口増加は国の成長のために欠かせないファクターとなるのです。

どこの国に生まれようが、人間は豊かさを求め続けます。

今更、狩猟採集社会に戻ることなど絶対にあり得ない現代では、人々は欲望のまま消費を繰り返し、経済成長に貢献します。国の成長は、人口が多ければ多いほど有利です。

人口増加というのは経済成長にとって「マリオのスター」並みのチート力があるのです。

SPONSORED LINK


さて、世界の覇権国家であるアメリカ経済は、世界経済とリンクしていると言っても過言ではありません。

主要アメリカ企業は自国よりも海外の売上比率が大きい企業が多く、米国株を買うだけで実質世界に投資していることと同等の価値を得られます。

たとえば、世界一有名で、世界最大の運用資産額を誇るETFが多数リリースされているS&P500指数。これを管理・運用するS&Pグローバルによると、S&P500構成企業の海外売上高比率はなんと43%を超えており、もはやアメリカ企業というよりは、国際企業と呼ぶにふさわしいことが解ります。

考えてみれば、NYダウに採用されているコカ・コーラ、VISA、マクドナルド、Disney、P&G、Microsoft、Appleなど、もはや世界共通語のように国境を越えて愛され、人々を魅了し続けています。そして、一度構築したブランドは強力なワイド・モートとして機能するため、何世代にも渡ってシェアは広がり続けるのです。

慣れ親しんだ製品やサービスの威力は絶大です。

子どもの頃から慣れ親しんだ製品やサービスは、自分が親になったら子どもにも安心して与えることが出来ます。さらに、その子どもが親になれば、同じように自分の子どもにも同じ会社の商品やサービスを与え続けるわけです。 

そのサイクルの繰り返しで、まるでネットワークのように製品やサービスはシェアを広げ続けます。

従って、世界人口が増え続けることで最も恩恵を受けるのはアメリカ企業となります。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK