rakuama

SPONSORED LINK


楽天の株主が本当にかわいそうでなりませんね。ネット通販では楽天とAmazonはよく比較されるライバル関係にあると思われがちなのですが、楽天はAmazonの足元にも及ばないのが真実です。

ジェフ・ベゾスは事業品質を最大限に高め、常に株主に報いてきました。Amazonの配当が無配なのは、彼が効率よく将来の事業投資をすることを念頭に置いているからです。その結果、Amazonの株価はたったの1年で50%上昇という驚異のリターンをもたらしたわけです。

対して、楽天みたいな日本企業がいかに株主軽視で経営しているかがよくわかります。1%にも満たないなけなしの配当金と、ゴミのような株主優待制度で株主を騙し、コア事業となるネット通販サイトは詐欺サイトのようなUIで放置し続けている。そして、極めつけは1年で株価が50%も値下がりする傍ら、三木谷はイニエスタとのんきに寿司食ってるわけですよ。

日本の経営者がいかに株主をナメ腐っているのか?

よく理解できる良い事例です。


たとえば、Amazonが1年で株価が半値まで暴落したとしましょう。そんな中、のんきにジェフ・ベゾスがイニエスタイニエスタ言ってたら世界中の株主にキレられまくるわけですよ。

三木谷氏はパフォーマーとしては優秀かもしれませんが、パフォーマンスだけでは永続的な発展は難しいですからね。

そして、最大の問題は東証一部上場企業であり、日本を代表する会社であっても大半はこんな経営者で溢れかえっているということです。

日本株に投資している株主はさっさと見切りをつけて、株主に超絶ウルトラ手厚いアメリカ株に乗り換えたほうが賢明ですよ。


にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK