83EE872A-7131-40EF-B396-534DA7449D7D
重税に苦しんだ民衆が、革命を起こして歴史を変えた

Amazonの年次報告書によると、売上高が日本だけで8387億円に達していることがわかりました。

しかし、Amazon日本法人が納税した額は、たったの899億円であり、売上規模にしては税金をほとんど納めていない実態が明らかになっています。

Amazonは税金を払わない企業として有名で、日本のみならず世界中で問題視されています。

なぜ、税金を払わなくて許されているのか?

というと、海外で活動するAmazonの子会社は、あくまで「販売業務を委託されている」という契約形態となっているため、海外で稼いだ利益のほとんどがアメリカ本社に吸い上げられる形になっているためです。

つまり、海外で稼ぐ売上の9割を本国アメリカで計上することにより、日本を含む海外での課税を逃れているのです。

SPONSORED LINK


世論は、莫大な利益を稼ぎ、税金逃れをする企業や個人をバッシングします。

例えば、少し前では「パナマ文書」というタックスヘイブンが話題になりました。パナマ文書とは、パナマのとある法律事務所にて作成された文書で、1150万件の公的機関、企業及び個人富裕層の情報が書かれているものです。問題となったのは、世界各国からの企業や個人の「租税回避」に関する文書が含まれていることでした。

パナマのように、世界には税金の存在しない国や地域が存在しています。

税金を無税、あるいは極めて低い税率にすることにより、企業を誘致し、外貨を獲得する国家戦略を採っています。シンガポールなどは、まさにこの戦略が功を奏し、国際的な国家を築き上げるまでに至りました。

つまり、企業や個人が税金が限りなく低く抑えられる国に資産を預けることにより、合法的に税金負担を抑えているのです。そのため、金持ちはますます金持ちになることから、一般庶民の反感を買っているわけです。

とはいえ、税金逃れをすることが悪なのか?と問われると、全然そんなことはありません。むしろ、企業も個人も資産を最大化させるためには、税金対策は必須であり、ガンガン節税をすべきであるとも言えます。

そもそも、人類は税金と戦い、発展を遂げてきた歴史があります。例えば、アメリカがイギリスから独立したのもそもそも税金がキッカケでした。

当時、イギリスの植民地だったアメリカがお茶をイギリスから輸入した際、イギリスがアメリカに課税したことでアメリカ人が激怒。これが、アメリカ独立戦争の発端になっています。

また、 フランス革命も税金がキッカケで起こった革命です。当時、王が戦争するだの、王宮を建てるだのという理由で税金をガンガンかけてきたことで、民衆が激怒。フランス革命に繋がりました。

税金に反発しなければ、国の暴走により企業や個人は苦しくなる一方であり、搾取され続けます。これは現代も同じことで、愛国心とは完全に分離して考えていくべき問題です。

グローバリゼーションにより、より国に依存しなくなった現代では、賢く税金対策を行い、資産を守ることが求められます。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK