00_m
世界中の人々を魅了するYouTube

YouTubeは2005年にカリフォルニアで生まれた動画共有サービスです。

設立の経緯は、サンフランシスコにある創設者Chenのアパートで、ディナーパーティーで撮影されたビデオを共有することが困難であったことから、誰もがカンタンにインターネットで動画共有出来るサービスがほしいと思いつき、YouTubeの開発を始めたことがキッカケです。

YouTubeという名前は「あなた自身が放送する(自分だけのTV局)」という意味です。

そんなYouTubeは、2006年あたりの年間売上は1,500万ドルしかなく、将来性を疑問視されていました。大手メディアのバイアコムのフィリップ・ドーマンCEOが、

「人々は、ユーザー投稿コンテンツに対してわざわざお金を払おうとはしなくなるだろう。我々は広告主がより広告費を使いたいと思うような良質な環境を提供したい」

と語るなど、当時のYouTubeは既存のメディアからボコボコにディスられていました。

しかし、現在のYouTubeは押しも押されもせぬ世界的メジャーなサービスまでに成長し、YouTuberという新たなジャンルを確立するまでに至りました。そんなYouTubeの現在の売上はどれくらいあるのでしょうか?

SPONSORED LINK


実は、一切わかりません。

というのも、YouTubeは2006年にGoogleに買収されており、非上場であるからです。非上場企業は、有価証券報告書の作成義務がないため、投資家たちが彼らの業績を確認する術はありません。

2006年あたりの年間売上は1,500万ドルというのも、Googleが2006年にYouTubeを買収した際に明らかにした数字であり、それっきりYouTubeの売上を公表することはありませんでした。

Googleの最新の決算書を確認しても、事業セグメント別売上ではYouTubeはOtherカテゴリに混ぜ込んでおり、実態を知ることができないのです。

しかし、投資銀行のモルガン・スタンレーによる独自分析によると、YouTubeはGoogle全体の売上の12%を稼ぐまでに成長しており、今後はGoogleの売上の中心を担う存在に成長するだろうと予想しています。

現在のYouTube単体で稼ぐ年間売上は40億ドルとも予想していることから、YouTubeはたった10年で270倍も売上を伸ばしたことになります。

さて、そんなYouTubeに投資する方法は、現時点では親会社であるGoogleに投資するしかありません。将来的にYouTubeのみスピンオフして上場する可能性もありますが、あったとしても当分先です。そのため、YouTubeに投資したいのであれば、Googleを買いましょう。

YouTubeは今後も成長し続け、人々になくてはならないサービスになると思います。

YouTubeが画質をHD対応し、動画再生時間も長くしていることから、少し前はパソコンで楽しむことしかできませんでした。しかし、今や高速通信規格の4G(そろそろ5G)の登場や、超高スペックに進化したiPhoneの登場により、どこでもいつでも、何のストレスもなくYouTubeを楽しめる環境が整いました。

さらに、YouTuberの確立によってYouTube自体がTV局の様相と進化しており、その規模は世界的です。YouTubeを日頃から楽しんでいる方こそ、YouTubeの実力を知っています。であれば、YouTubeに投資して、YouTubeのオーナーになりたいと考えることは至極合理的です。

とはいえ、Googleに投資するとしても、現在は非常に割高になっている上に、配当金もゼロです。上がりすぎた株価はいずれ下落する性質を持っていることから、この先少なからず調整局面は発生すると思います。

そのため、株価が下落しても、無配であっても、握りしめ続けていられる永久ホールドの気概がなければ、Googleに投資するのは難しいでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK


新版YouTube大富豪7つの教え
菅谷 信一
ごま書房新社
2015-11-30