FFED3B2C-39CF-4BE2-95FA-3F84AF9AD7BF

日本ではコカ・コーラボトラーズジャパンという社名で日本法人がビジネスを展開しています。東証1部に上場しており、株価は右肩上がりです。業績も良好です。

また、同社には日本企業特有の株主優待制度が導入されており、1単元保有しているだけでコカ・コーラの製品詰め合わせなどの商品をもらうことができます。

しかし、優待につられてこの銘柄を買ってはいけません。コカ・コーラ株が欲しいのであれば、確実にNYSE上場の[KO]コカ・コーラを買うべきです。なぜなら、東証コカ・コーラは財務も健全だし、一見良さそうに見えますが、平気で減配します。

コカ・コーラボトラーズジャパンの配当実績を確認すると、減配と増配を繰り返しており、配当金が不安定であることがわかります。

SPONSORED LINK


◼︎コカ・コーラボトラーズジャパン配当実績
FE86162E-6B12-4C97-B3B4-CABEE4ADF7F1

ご覧の通り、毎年のように配当金が増えたり減ったり、不安定極まりません。

対して、NYSEのコカ・コーラは55年も減配することなく連続増配を継続しています。

これは世界有数の増配記録であり、株主に圧倒的な利益還元を行なっている証明であるのです。以下のコカ・コーラ配当実績を確認すると、配当金は常に右肩上がりで増えていることが確認できます。

◼︎[KO]コカ・コーラ配当実績
コカ・コーラ増配

ご覧の通り、毎年右肩上がりで50年以上、増配を繰り返しているのです。

初期に買ったコカ・コーラなら、既に配当金は10倍以上に膨れ上がりました。

ビジネス規模の違いも重要です。グループの一員で、日本でしかビジネス展開を行なっていない東証コカ・コーラと、グループの胴元であり全世界でビジネスを行なっているNYSEのコカ・コーラ。世の中、利益は胴元に吸い上げられるように出来ているため、どちらを買ったほうがいいのかは明白です。

東証コカ・コーラも日本株で見た場合、優良株に違いありませんが、NYSEコカ・コーラと比較してしまうとどうしても見劣りしてしまう感は否めません。

投資家であれば、確実にNYSEコカ・コーラ一択でしょう。

ハッキリ言って、優待目当てでコカ・コーラボトラーズジャパンを買うのは、投資ではなく、ただの趣味です。

くれぐれも「優待がある」というだけでつられないでくださいね。

コカ・コーラ配当2
コカ・コーラ配当金

そして、NYSEコカ・コーラより配当金ゲット☆

ペコリ。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK