jp

投機筋はどこまで相場を荒らせば気が済むんじゃい!!

ドル円相場は急速に円高が進行し、一時105円台になりました。
これは、 1年3ヶ月ぶりの水準です。

アナリストは円高ドル安が進行した要因を(完全に後付け理論ですが)トランプのインフラ投資や大幅減税で、アメリカの財政赤字が拡大、将来的にドルの価値が下落する懸念が再熱したとしていますが、そもそも株価は為替と反比例して、インフラ投資や減税を好感して値を戻しています。 

仮想通貨から始まった暴落。そして株式。次は為替がターゲットといったところでしょう。

連鎖が続いているということは、これはもう全て仕手の一種であり、理由なんて無きに等しいんです。
そのため、短期的なボラティリティに振り回されるほど無意味なことはないので、暴落局面では冷静に買いを入れていくのが王道です。

さて、そんな相場も現在は回復基調を形成しているので、ドル円ももうすぐ落ち着きを取り戻し元値に戻っていくと考えられます。先述した通り、相場大暴落の連鎖は仮想通貨から為替まで波及しましたが、今は仮想通貨、株式は回復しています。であれば、普通に考えると次に回復するのは為替です。

今が底かは誰にもわかりませんが、短期での105円台は本当に行き過ぎなので、そろそろ底なんじゃないかと思っています。

アメリカ株に投資している方がすべきことは、この円高局面を利用してコツコツドル転することです。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK