コインチェック

2月13日にNEM流出に関する問題を受けて、記者会見を開いたコインチェック。
当日は社長の和田氏は不在で、COOである大塚氏のみが登場する形となりました。

そんなコインチェックは日本円の出金を同日に再開し、わずか一日足らずで401億円の出金記録を確認したといいます。しかし、これはあくまでユーザが預けていた「日本円」に対する出金対応であり、流出したNEMの補償ではありません。

NEM補償についてコインチェックは言葉を濁し続けています。

さて、そんなコインチェックの経営が危ういとする話が、社員と思われる人物により暴露されていることでネット上がざわめいています。

頭のいい人は解ってると思うけど本気で事業自体の取りやめはします。顧客の資産に手をつけてたのと顧客の資産買ってなかった合わせ技だから、どうにもならんのよ。
元々は金曜日に破産申請予定だったのが緊急立ち入り検査で今に至るだけで、時間を伸ばしているだけだから納税時期にすら間に合わないよ。前にもいったけど会社のお金は大塚、和田の手元に逃がしていていかに逃げ切るだけだから。
みんな退職届け出しまくってるし自分もこんなク○会社辞めるから、仕事探さないといけないしね。マジで他の通貨に関して無理だと理解していた方がいいよ。
いま、30人も従業員いないっすよ。
年収は自分は500万。他は知らないけど。
プラスで新規口座開設でインセンティプ。
昨日だけでさらに七人退職届けでたし。
仕事らしい仕事はしてない。
最近は質問に答えるだけ。
大塚は会社きてる。和田はアレからきてないっすね。
最初の会見の時は終わった後に和田、大塚で普通に爆笑してました。
まともな質問しろよ的な。
どうせ仮想通貨の話なんかしても理解する知能なんてないだろ的な感じす
俺は一人暮らし。
実家からはこんな会社やめろって毎日電話来ますよ。
なんで入社したんだ的な
3月中旬までです。断言します。

本気で計画詐欺すよ会社。

大塚とか会見後、これだから凡人はみたいな事しかいわねーす
ガチすよ。警察詐欺対策の為に弁護指導うけてたんで。

・・・信憑性は別として、実際にコインチェックが破綻してしまった場合はNEM補償は当然ありませんから、ユーザは再度裏切られる形になるでしょう。

いやはや、これからの時代はユーザも「信用できる」と判断できる企業と付き合うことが必要ですね。特に投資絡みであれば額も大きくなりますし、影響も大きい。

投資も会社選びも全て自己責任ということを忘れずに。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK

月刊仮想通貨Vol,1
プレジャー・パブリッシング
2018-02-19