20171023144443

暴落を買え!

と煽っている!と捉えられることがあります。

しかし、暴落局面では何回かに分けてコツコツ買っていくことが重要であり、それが長期的には利益をもたらすのです。そのため、暴落時に備えて最低100万円くらいのキャッシュを残しておくことは重要です。(ということを以前言ったと思う。)

さて、今回二度目の暴落を受けて、チョコは計45万円分買い付けしました。
前回買った15万と合わせて60万円、先月の買い付け分を合わせると今年は100万円分買い付けしたことになります。再度、暴落するようであれば、それはまた下値を拾っていくだけです。

【XOM:エクソン・モービル】
jp

10万円分を購入です。
鬼暴落により配当利回り4%を超えてきましたね。連続増配年数も35年を超えてきています。石油は人類にとって絶対に無くてはならない最重要資源。ロイヤル・ダッチ・シェルと迷いましたが、今回はより暴落しているXOMを選択しました。

【PM:フィリップ・モリス】
jp

言わずと知れた世界タバコ最大手。
100ドルを割ったため20万円分を購入です。外国源泉徴収課税もなく、高配当でNISAとの相性も良いので、大変オススメです。

【1557:S&P500 ETF】
jp

円建のS&P500 ETF。
12万円分購入です。カブドットコムなら手数料無料で買い付けできるので、ちょくちょく買いにはもってこい。バフェットが「個人投資家はS&P500だけ買ってろ!コノヤロウ~!」って言ってるくらいオススメできる最強大本命銘柄です。

【1321:日経平均ETF】
jp

2万円ちょいの買い付け。
日本企業におけるファンダメンタルズは絶好調であり、短期的には3万円を目指すことになります。アメリカにつられて暴落することがあればコツコツ買い増ししていきます。

マネックス
C65C14A3-D7C9-40B2-A855-6E59934C4624
48D50B4F-2D99-4471-8967-5A6CCD063B47

という感じで、暴落の「背景」をしっかり理解していれば、どこかの坊やさんみたく脳が破壊されることなく、喜んで買い増しすることが可能ですよ。

じゃあの〜☆

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK

株価暴落 (文春文庫)
池井戸 潤
文藝春秋
2007-03-10