猫に小判
正社員になってもたかが知れてる

Aさんは愛媛から上京して都内の私立大学を卒業。

卒業後は2年ほど貯金を切り崩して生活した後、2012年から契約社員として郵便配達の仕事を始めた。

就活しても正社員になるのは厳しいし、東京は時給が高いので契約社員でもやっていける。

フルタイムで年収は約450万円、月々の手取りは30万円ほどだ。5年間で約250万円を貯めた。

「例えば、コンビニで値段を見ずに1.5リットルのペットボトルを買うとか、ハーゲンダッツを買うとか。

すごい贅沢をしたいわけじゃないけど、ゆとりが欲しかった。そういう意味でお金が欲しかったんです。

でも正社員になっても年収は600万円くらいでたかが知れている」


・・・

株は市場がすでに出来上がっていて自分が勝てる可能性が低いし、ギャンブルは性に合わない。

海外から輸入した服やフィギュアなどをヤフオクやメルカリで転売もしてみて、月10万円ほどは稼げたが「結構しんどい」。

そんな自分でも一発逆転できる千載一遇のチャンスを探していた2016年、見つけたのが仮想通貨だった。

「半年くらいどれがいいかなっていうのをじっくり調べて。結局リップルに決めました」



そんな中起こったコインチェックの流出事件だった。

流出報道の夜は、ほとんど眠れなかった。

「誰でもいいから、誰かに泣きつきたい」

そう思うほど精神的に参っていたという。

(出典:www.businessinsider.jp/post-161041)

結果的にAさんは、まさにカイジばりの大勝負をして、リップルで見事大勝利を収めたわけなのですが、これは人生に諦めた背水の陣に立たされた人間だからこそ出来た大勝負であります。

とはいえ、お金持ちになったとしても、世間的に見れば値段を見ずに1.5リットルのペットボトルを買うとか、気兼ねなくハーゲンダッツを買いまくるとかは、もはやゆとりの範囲ではなく余りにも贅沢すぎる行為であるといえます。

たとえコインチェックに返金してもらったとしても、このような思考回路が変わらない限り、すぐに使い果たして人生 THE END になることは明白です。

大抵の成金が、すぐにお金持ちになる前より貧乏になってしまうのは、お金の価値を理解できないからです。言い方は少し悪いですが、まさに猫に小判。にゃんにゃん。

例えば、正社員になっても年収は600万円くらいでたかが知れているという表現をとっても、このような思考回路の人は必ず貧乏になり得る。年収600万円を稼ぐのが、今の時代にどれだけ大変で貴重なことなのかを全く理解していない。

つまり、お金の価値を軽視している。

1円に笑う者は、1円に泣くのです。

バフェット曰く、1セントでも大事にする心構えこそが未来のお金持ちを創造すると言います。



バフェットは散髪をする時でさえ、こう自問自答します。

「本当に私はこの散髪に30万ドルを費やしたいだろうか?」

もちろん実際に散髪に30万ドルもかかるわけではありませんが、わずか30ドルのお金であっても、年利10%で運用すれば何十年後にはかなり大きな資産なるというのがバフェット流の複利の考え方です。

ほとんどの人は、大金が入ったら財布の紐が緩み、浪費が止まらなくなるものです。

しかし、バフェットにとっては普段の何気ない消費でさえ熟考して判断しているのです。

そして、それこそが

お金持ちであり続ける人の本物の在り方

であると言えます。

にほんブログ村 株ブログへ
↑↑大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)