仮想通貨

アメリカ株の上昇を受けて、日本株も日経平均150円超えとなる大幅高の商いとなっています。
日本株の中でも目を引くのは、仮想通貨関連銘柄です。コインチェックのNEMハッキング事件から仮想通貨は暴落しましたが、同社が流出分を補償するとアナウンスしたことによりマーケットに安心感が出て、仮想通貨は暴騰しました。
この暴騰に引きずられるように、日本株の仮想通貨関連銘柄も暴騰しているのです。

■SBIホールディングス
前日比 +130円(+5.06%)

■GMOインターネット
前日比 +146円(+7.23%)

■GMOフィナンシャルホールディングス
前日比 +30円(+4.17%)

■セレス
前日比 +102円(+5.09%)

■ULSグループ
前日比 +48(2.64%)

とはいえ、金融庁曰く「今回の報告では、コインチェックの返金支払い能力を確認できる説明はなかった」とする声明を発表したように、本当にNEMで損失を被ったユーザに補償がなされるのかは依然不透明な状況です。また、コインチェックの取引が全面再開された場合は、大量の売りが出ることも予想されており、その際は仮想通貨銘柄は軒並み下落する可能性が大きいと見られています。

日次レベルで数十パーセントも上下する仮想通貨で一攫千金を狙うよりも、緩やかながらも安定して上昇するアメリカ株に投資することで、精神的にも金銭的にもホカホカすると思いますよ。

ちなみに、日本列島は強烈な寒波に見舞われ、今日も激寒の一日になりそうですが、チョコはアメリカ株でぬくぬく暖められています。(あったか幸せ~)

にほんブログ村 株ブログへ
↑↑大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)