png-350


ふっかつのじゅもん

1.損失確定のボタンを押す。

2.全額JPYに変える。

3.SBI証券かカブドットコム証券の口座を開設する。

4.S&P500(SPY/1557/VOO/IVV)という銘柄に全額投資する。

5.20年放置する。

今も地獄の業火に焼かれ続けている火葬痛貨民ですが、上記5つの呪文を唱えるだけで無事人間界に帰還することができます。米ニュースサイトがビットコイン暴落による自殺防止フォーラムを立ち上げるなど、チョコは大真面目に今の事態を危惧していて、きちんと投資の正しい知識、いわば王道を周知しないといけない使命感を感じているわけであります。

例えば、モナコインは2,400円から600円まで大暴落していますけど、そんなネタコインに何十万、何百万、投入するとか普通に考えて正気の沙汰で無いわけです。1円を稼ぐのだって大変な世の中なのに、なぜそんな理解不能なコインに「ただ儲かるっぽい」という理由で全力投資できるのか?いわば、ブレーキの無い暴走列車に乗るようなものです。

■S&P500とは?
さて、火葬痛貨民を救うS&P500とは、アメリカで最も長い歴史を誇り、世界で最も有名なETF(上場投資信託)です。アメリカを代表する企業約500社で構成されています。世界的に重要な企業が多く選定されていることから、NYダウと並ぶ重要な指数としても採用されています。NYダウとは、日本でいう日経平均みたいなものです。

このS&P500ひとつ買うだけで、誰もが安心安全に資産形成を行うことが可能となります。

こんなに素晴らしい投資先は、他を見渡してもS&P500しかありません。

■バフェットもイチオシ!
ウォーレンバフェット。
聞いたことがありますよね?火葬痛貨界隈でも一時期話題になっていました。

資産家のウォーレン・バフェット氏は、自身はビットコインのような仮想通貨のファンではないとし、それらの価値急上昇は短命に終わると確信すると述べた。

バフェット氏は10日にCNBCとのインタビューで、「仮想通貨は総じて悪い結末に至るだろうと、ほぼ確信を持って言える」と発言。

「それがいつ起こるのか、どのように起こるのかなどは分からない。ただし、これだけは分かっている。全ての仮想通貨について5年物のプットを買うことができるなら、私は喜んでそうするだろうが、10セント分すらもショートにすることは決してない」

と述べた。

(出典:ブルームバーグ)

これ、暴落前によくツイートされていましたねぇ~。

こんなジジイ(゚⊿゚)シラネ!!

とか火葬痛貨民みんな言ってましたけど(笑)

でも、言った通りになりましたよね。そうなんです、この人、未来が見える水晶玉を持ってる生ける神様なんですね。投資だけで資産9兆円を稼いでいますから。一代でですよ?もはや、地獄の業火に焼かれ続けている火葬痛貨が夢見る億り人など全く比較対象にならないわけです。

その神様が、自身の死後、妻に「S&P500で資産運用すべし」と指示していることは有名なのですが、これは投資の素人でも確実にお金持ちになれることを謳った言葉でもあります。つまり、神様唯一のイチオシ銘柄なのです。

■S&P500の構成銘柄
上位10企業は以下の通りです。

1.Apple Inc. (アップル)
2.Microsoft Corp (マイクロソフト)
3.Amazon.com Inc (アマゾン)
4.Facebook Inc (フェイスブック)
5.Johnson & Johnson (ジョンソンエンドジョンソン)
6.Berkshire Hathaway B (バークシャー・ハザウェイ)
7.JP Morgan Chase & Co (JPモルガン・チェース)
8.Exxon Mobil Corp (エクソン・モービル)
9.Alphabet Inc A GOOGL (グーグル)
10.Alphabet Inc C GOOG (グーグル)

世界中の誰もが知っているし、世界中の誰もが使っている企業ばかりです。
この銘柄に含まれる500企業、ほぼ全部そんな感じです。これらの企業の製品やサービスを使わないなんて、考えられませんよね?極東の島国に住む日本人でもそう思うのですから、いかにアメリカ企業が世界を牛耳り、稼ぎに稼ぎまくっているかがわかります。

■チャートは常に右肩上がり!!
世界は覇権国に利益が吸い上げられるように出来ています。大企業が富を吸い上げるのと同じ理論です。世界全体が中小企業で、アメリカはグループ企業の胴元というわけです。そして、イノベーションが常に起き続けており、人口も増えまくっています。過去も現在も未来も、こんな稀有な国はアメリカだけです。

そして、そのチャートがこちらです。

アメリカチャート

わ~お!すごい。

もう10年もずっと伸び続けているわけです。しかも、3ヵ月に1度配当金も貰えるわけですよ。
ちゃんと企業が世界中から稼いできたカネを貰えるのですから、そこには仮想通貨にはない実体があるわけです。

超絶安心できるし、しかも利益も出る。

最強でしょ?

アメリカは私たちが生きている間、ほぼ確実に覇権国家で居続けられると確信できます。

地獄の業火に焼かれ続けている火葬痛貨民は、今すぐS&P500に投資するしか助かる道はないのです。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK