24

好きなエコノミスト。

投資をするのであれば、よく参考にしたり、好きなエコノミストというのがいるものです。しかし、チョコはよくよく考えると、不思議なことに全くいないことに気づきました。もちろんテレビやネットでプロの分析を参考程度に聞くことはありますが、あくまで参考というか、ふ〜ん。という感じに近いのです。

では、なぜ今まで好きなエコノミストがいなかったのか?と聞かれると、おそらく彼らが生粋のビジネスマンだからなのだと思います。ビジネスマンって、会社との契約で成り立っているから、良くも悪くも無難なコメントが多く、心にあんまり入ってこない。確かに専門性はあるかもしれないけど、やっぱり教科書的なことばかりになる。経済は生き物だし、経済の根幹は人間の集合体であるわけだから、教科書通りになることなどまずないのですよ。

あと、プロってしょっちゅう予想外しますよね?

予想を外すだけならいいのですけど、平気で本とかも出しちゃったりする。しかも、それをありがたがってAmazonレビューで高評価をつけている人もいる。もうカオスですよ。カオス。チョコ的には金融のプロって、競馬の予想屋となんら変わらないと思うわけ。

・・・とはいえ、単純にチョコが知らないだけの可能性もありますので、みなさんオススメのエコノミストさんがいらっしゃれば教えてくれると嬉しいです☆

さて、ここからが本題ですがチョコは個人投資家が大好きです。
個人は身銭を切ってマーケットと向き合い続けているわけです。つまり、自己犠牲(リスク)の上に成り立っているので、一つひとつの経験をめちゃくちゃ大事にしている。対して、プロってやっぱり人様のお金を運用するわけだから、どうしても個人投資家のような気持ちで学ぶことは出来ないと思うわけです。だって、大きく損失出したとしてもちゃんと給料は出ますからね。

で、特にチョコが好きなのは投資ブログで、やっぱりこれが一番オススメです。個人投資家の考え方や苦悩が常に綴られており、学ぶことが大きいです。ここで学べることというのは、教科書的な経済学ではなく、生きた経験です。

前述したように、経済は人間の集合体であり生き物であるわけですから、唯一の正解などありません。マーケットと向き合い続けて、トライアンドエラーを繰り返し、常に自分なりの答えを出す。

詰まるところ、この作業の繰り返しなんです。

投資ブログを見てみると、みな三者三様の投資論を持っているし、時には意見の食い違いが生まれ摩擦も起こります。でも、それってやっぱりみんな真剣に向き合っているからこそ発生するわけで、どの投資論も全て正解なわけです。だって、経済や投資に「答え」って無いのですから。

それらのブログの考え方を自分に取り込んで、さらに自分なりの答えを出してマーケットに向き合ってみる。だからこそ、自分が成長することができるのです。

総括すると、言いたいのは

投資ブログってサイコーじゃん?

ということ!!

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK