AFD6213C-7C61-49B3-9C69-15B93F9F0A16
(トランプはハッピーホリデーではなく、メリークリスマスを強調)

何かと話題が尽きないトランプ大統領。

そんなトランプ大統領が「フェイクニュース賞」を発表するとアナウンスしました。

発表は今月17日。
この賞は、「最も間違いが多く、偏った主要メディア」に贈るとしています。

当該ツイートは以下です。

46

「最も間違いが多く、偏った主要メディアに向けたフェイクニュース賞はこの月曜日ではなくて、1月17日の水曜日、敗者に贈られるだろう。この賞の面白さと重要さは、予想をはるかに上回る!」

これに対抗するかのように、トランプに批判的なメディアは「最も不誠実で腐敗した政権賞」をトランプ政権に贈る計画を発表しています。

北朝鮮の金正恩との応酬もそうでしたが、もはや子どもの喧嘩の延長線上です。
しかし、これが核爆弾のスイッチ押下に繋がることもまた事実であるため、世界がこれからヒートアップしていかないよう、私たちは冷静な目で見守る必要がありそうです。

さて、毎月恒例ですが、今月もNYダウ構成銘柄の配当利回りを整理します。
利回りは増配・減配、株価の上昇・下落により変わるものなので、一概に利回りが高いから良いというわけではありません。しかし、銘柄選びにおける重要な参考指標であることには間違いありませんので、ご活用いただければと存じます。

にほんブログ村 株ブログへ
↑↑その前にポチくださーい☆

■NYダウ構成銘柄 配当利回りランキング  - 2018年1月時点
今月順位 前月順位 前月比順位 企業名 シンボル 業種 採用日 増配年数 配当利回り
1 1 (--) ベライゾン・コミュニケーションズ VZ 通信 2004年4月8日 11年 4.50%
2 2 (--) インターナショナル・ビジネス・マシーンズ IBM コンピューター 1979年6月29日 22年 3.69%
3 5 ↑UP ファイザー PFE 医薬品 2004年4月8日 7年 3.69%
4 3 ↓DOWN エクソンモービル XOM 石油 1928年10月1日 35年 3.55%
5 4 ↓DOWN シェブロン CVX 石油 2008年2月19日 31年 3.38%
6 6 (--) メルク&カンパニー MRK 医薬品 1979年6月29日 5年 3.37%
7 7 (--) コカ・コーラ KO 飲料 1987年3月12日 55年 3.21%
8 9 ↑UP プロクター&ギャンブル PG 日用品 1932年5月26日 61年 3.02%
9 8 ↓DOWN シスコシステムズ CSCO 情報・通信業 2009年6月8日 7年 2.94%
10 10 (--) ゼネラルエレクトリック GE 総合電機・金融 1896年5月26日 0年 2.59%
11 11 (--) インテルコーポレーション INTC 半導体 1999年11月1日 2年 2.44%
12 12 (--) ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ 医薬品 1997年3月17日 55年 2.37%
13 13 (--) マクドナルド MCD 外食 1985年10月30日 41年 2.32%
14 21 ↑UP ボーイング BA 航空機 1987年3月12日 5年 2.22%
15 16 ↑UP トラベラーズ・カンパニー・インク TRV 保険 2009年6月8日 13年 2.18%
16 14 ↓DOWN ユナイテッドテクノロジーズ UTX 航空宇宙・防衛 1939年3月14日 5年 2.13%
17 19 ↑UP JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー JPM 金融 1991年5月6日 7年 2.07%
18 18 (--) ウォルマートストアーズ WMT 小売業 1997年3月17日 44年 2.04%
19 17 ↓DOWN ダウ・デュポン DWDP 化学 2017年9月1日 0年 2.02%
20 22 ↑UP 3Mカンパニー MMM 化学 1976年8月9日 60年 1.95%
21 15 ↓DOWN キャタピラー CAT 重機 1991年5月6日 24年 1.93%
22 20 ↓DOWN マイクロソフト MSFT ソフトウェア 1999年11月1日 15年 1.91%
23 23 (--) ホームデポ HD 小売業 1999年11月1日 8年 1.85%
24 24 (--) ウォルト・ディズニー DIS 娯楽・メディア 1991年5月6日 0年 1.51%
25 25 (--) アップル AAPL コンピュータ 2015年3月19日 4年 1.44%
26 26 (--) アメリカンエクスプレス AXP 金融 1982年8月30日 6年 1.39%
27 27 (--) ユナイテッドヘルス・グループ UNH 保険 2012年9月21日 7年 1.31%
28 28 (--) ナイキ NKE その他製品 2013年9月20日 15年 1.25%
29 29 (--) ゴールドマン・サックス GS 金融 2013年9月20日 7年 1.17%
30 30 (--) ビザ V その他金融 2013年9月20日 9年 0.66%

さて、昨今の株価上昇で全体的な利回りが低下していることがお気付きかと思います。しかし、今回のトランプが行った税制改革法は、10年間で1.5兆ドルもの大型減税となります。具体的には、法人税は35%から21%に引き下げ。個人における所得税の減税も行われます。

また、アメリカ企業における海外子会社からの配当課税も廃止となる見込みです。この税制改革により「企業減税で1株当たり利益は引き上げられ、余剰資金は設備投資のほか自社株買いや増配に向かう」との流れが固まりつつありますので、米国株はまた一段と上昇し、配当も増えていく見込みです。

にほんブログ村 株ブログへ
↑↑大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)


米国株四半期速報2018年新年号
亜州IR株式会社
星雲社
2018-01-16