浅田真央
(最高のポ~ズ)

個別株サイコぉぉぉー!!



うぁ〜い♪



しかし、とある偉人は、こう言った。



個別株は自己満足だと!!



ぎゃぁぁあーーーー!!!!



午後ティーでも飲んで落ち着こう。(紅茶ドゾッ

さて、残念ながら、確かに個別株だけのポートフォリオで、NYダウやS&P500の指数をアウトパフォームすることなど超絶難しいのが現実です。

投資家は経験値を積めば積むほど、銘柄分析が深くまで可能になり、いずれ"自分だけのお宝"と思う銘柄を探し当てます。それらの銘柄をポートフォリオに組み込むことで、他の投資家を素人扱いし、自分のポートフォリオこそが絶対的だと思うわけです。しかし、そのような自称玄人投資家が

熟考に熟考を重ねて、タイミングを考えて銘柄を買い増しを行い、最強のポートフォリオが完成した!!

などと自負してみても、結局のところ指数に負けることなど往々にしてあるわけで、素人が指数買いを淡々と行っていた方がパフォーマンスが良かったりします。場合によっては金融のプロまでをも上回っていたとかね。

いやはや、本当にインデックス投資って素晴らしいと思います。何も考えずにただ買っているだけで圧倒的な成績を上げられるのですから侮れません。であれば、資産形成にはインデックス投資が最強。

黙って、SPY/1557、VOO、IVVでも買っていればいいんです。

・・・・

しかし、投資家でいると個別株がほしくなります。

なぜか?

これってコレクション魂に近いのかな~というのがあると思うんです。
実は、何かを「コレクションする」ということは、文化や世代を問わず人間の習性として普遍的に見られる行動なのです。子どものみならず、大人になってもコレクションが好きなのは生まれ持った人間の性なのです。

案の定、チョコは個別株が大好きです。サイコー!!
それは上述したコレクション性(つまり、保有する喜び)というのが少なからずあるのですが、それ以外にも合理的な理由を持っています。前述した自分だけのお宝銘柄的な観点ではなく、、

配当金を底上げしたいからーー!!

実は、指数買いって結構利回り低いのですよ。

例えば、S&P500 ETFは成長性はありますが、利回りが2%切るくらい。
S&P500 ETFには高配当銘柄以外にも、グロース株などの値上がり益重視の銘柄も構成に多く含まれるため、配当重視の銘柄ではないのです。

しかし、配当がほしいチョコとしては、S&P500 ETFを基軸としつつも高配当を享受したい。。そこで考えたのが自分でリバランスしちゃおうぜ作戦!ということ。主にS&P500 ETFに含まれる高配当且つ増配年数が多い優良個別株を買ってあげることにより、ETFを自分でリバランスしているのです!!

NYダウやS&P500などの指数に連動する商品を基軸としながらも、高配当株をスパイスとしてポートフォリオに加えておくと、リスクが低く抑えられるばかりか高配当の恩恵まで享受することが可能となるのでオススメだと宣言しておきます。(個別株フェチだからではないっ)

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回ポチ応援♪ 

SPONSORED LINK