愛する読者の皆さま、おはようございます!

たくさんの応援メッセージとコメントありがとうございました。

ほとぼりが冷めるまで公開はしませんが、全てに目を通しております。

ブログまじサイコーですな☆

さて、今日はGE提督にブログ論を伝えたい。


_SL1000_


チョコのブログを読んで、「甘くてべたべたなスイーツ脳で米国株に投資する優越感に浮かれているだけの人」と受け取る人もいるようです。

表面的に読めば、そうなるのかもしれない。


しかし、チョコのブログの目的は、他にあります。

米国株に投資する優越感、選民思想、それらを取り巻くユーフォリア(陶酔感)があるとサラっと見ればそう映るのかもしれないけど、本当は投資に対する向き合い方を伝えている。

IBMやベライゾンなどの「優良株」をケーススタディとして提示し、米国株に投資することで見えてくる世界中で起こっている悲劇、変化、革命、正義、不正、支配、服従、神、哲学、道徳を学び、投資家がいかに世界に素晴らしい作用をもたらしているかを見せています。

マネックス社長が「米国に投資をすることで世界が見える」と言っていたけれど、あれはかなり真理であって、世界中の全ての出来事は米国から生まれているのです。

日本にいるだけでは気づけない。
視野を広げるメリットがもたらす効果は大きいです。

… 

チョコが伝えたいのは米国株の素晴らしさよりも大事なこと。

それは、投資の本質に切り込んでいくこと。

下落相場に入れば、確かにすべての株はクソになるし、それは必ず起きる。

しかし、それはどんな銘柄に投資していても起こりうる悲劇。

であれば、世界最高峰の銘柄に投資をすることで極力クソ化のリスクはヘッジできる。

世界最高峰の銘柄は、世界中のどの銘柄よりも回復が早いのは事実です。

もう一度言います。

世界最高峰の銘柄は、世界中のどの銘柄よりも回復が早いのは事実です。

投資の世界では相場に居続けた者こそが勝者と言われますが、これらのヘッジをすることで少しでも成功者になれることを伝えています。 

そう、誰でも超低リスクで成功者になれる究極の方法。
世の中には難しいテクニカルなど用いて過大なリスクを取れる人ばかりではないのです。

個人投資家の9割以上は初心者です。

若年投資家が続々と日本株に参入していることがニュースになっていますが、初心者層はますます増加していくことでしょう。

その時に、過大なリスクを取り人生を終わらせてほしくないのです。

… 
 
さて、甘いブログがなぜ繁盛しているのか?

それは個人投資家の入口にしやすいから。

世間ではゆるキャラやアニメ化が流行っています。
お堅い公的機関であっても、ゆるキャラやアニメを利用して人々に少しでも興味を持ってもらおうと必死です。

以前、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本が流行りました。

表紙にはカワイイ女子高生のイラストを起用し、ドラッカーに馴染みの無い層を引き込むことに成功したのです。



 

ドラッカーの書には素晴らしい経営哲学が盛り込まれているのですが、大衆に読ませるためには柔らかいイメージが必須でした。

ムズカシイ分野の本って、一般大衆はほとんど読まないのですよ。

投資も全く同じで、難解なチャート分析、決算書など、一般からするとかなり敷居が高い。 

つまり、チョコが甘くて美味しそうなブログにしているのは「お堅そうな投資のイメージを払拭してもらい、気軽に投資を楽しんでもらいたい」という想いから来ている。

しかし、甘いのは入口に過ぎず、一歩足を踏み入れれば、投資することで視野を広げ、投資に向き合うスタンスを書いている。

そんなチョコのブログを読んで、アホさとスイーツの裏に隠された本質に気づく人もいる。

投資することで見えてくる本質を伝えることをチョコは大事にしているのです。 

純真無垢な目をして株式市場に参入してくるからこそ、本質を知ってほしい。

そして、いずれ来たる暴落ではチョコは絶対に読者様を見捨てないし、救い続ける。

… 


米国株ブログの読者の多くは大人だけど、今後は20代・30代の投資家が爆発的に増えてくる。
もしかしたら、10代でも投資をすることが当たり前になるかもしれない。

スルメよりも、甘いチョコレートを好む人たちだ。

ゆえにチョコのブログは、未来を担う投資家向けのバイブルを目指しています。

■GE提督を救い続ける
ブログのいいところは同じ想いを共有できるところ。
投資ってただでさえやってる人が少ないから、リアルで話せることや相談できることはほぼ無いんですよ。

いつかはわからないけど
ひどい下落に遭遇する
その時励ましあえる存在でありたい

と、チョコの昨日の記事を見てこのような感想をくれた投資家仲間がいるのですが、つらい時に支え合う仲間がいるって精神的にかなりデカイですよ。

株式投資は助け合いだ。

この言葉、提督自身が仰ってましたよ。覚えてますか?
そうなんですよ。これ、正解です。

提督だって暴落時は平常心ではいられないはず。
ただでさえGEの下落で脳を破壊されている今の状態では、暴落が来たら想像もつかない程にダメージを受けてしまうのではないかチョコは心配しているのです。

でも、大丈夫!

チョコは提督を救い続ける。

だから安心してほしい。

だから、遠慮せずにチョコに依存してほしい。

提督を見捨てない。


頼んだよ。

にほんブログ村 株ブログへ
大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)


ミロとまほうのいし (世界の絵本(新))
マーカス・フィスター
講談社
1998-06-01