top_slid_00



を使わない人間はいません。


人間は成人の場合、約60%が水分です。
電気や石油、インターネットが無くなっても人間は死にませんが、水が無くなったら人類は滅びます。
水というのは人間が生きる上で最も重要な資源なのです。

国全体が海に囲まれた日本にいると気付かないのですが、水資源の確保に悩む国は多いのです。最近では中国人が日本の水資源を求めて、山ごと買い取るなどの動きが出ており政府は規制を強めています。日本の水道事業は公共事業と位置付けられており、株式上場はしていません。水を海外に支配されると、国が滅ぶ恐れがあるのです。

このような背景もあり、日本では水道事業の株式公開はされていません。

・・・・
 
しかし、アメリカ市場を見ると、水道事業が株式公開されていました。

アクア・アメリカ、コネチカット・ウォーター・サービス、カリフォルニア・ウォーター・サービス、ミドルセックス・ウォーター・・・。

いずれも屈指の増配銘柄です。

■ アクア・アメリカ(WTR)
 → 連続増配25年

■ ミドルセックス・ウォーター(MSEX)

 → 連続増配45年

■ コネチカット・ウォーター・サービス(CTWS)
 → 連続増配48年

■ カリフォルニア・ウォーター・サービス(CWT)
 → 連続増配50年


すごいですよね?

水道事業は絶対に無くならない事業であり、圧倒的なワイドモートがあります。
潰れる恐れがほぼほぼ皆無であるにも関わらず、圧倒的な株主還元を長年続けているのです。

特にアメリカン・ステイツ・ウォーターは素晴らしい企業で、私も同社の株式を保有しています。
同社は1929年に設立され、カリフォルニア州サンディマスに本部を置いています。水道局として機能しており、ビッグベアーレイクとカリフォルニア州に水道サービスを展開しています。 

gswcasusmap2

■増配年数は米国No.1
毎年増配を行う企業がゴロゴロ存在する米国企業の中でも、同社は最も増配年数が長いです。
なんと、1954年以来、毎年配当を増額しているのです。今期も四半期配当で5.4%増のアナウンスがあり、その年数は63年の長さになりました。これは、米国至上初の記録です。

42
(出典:AWR公式ページ)

アメリカは人口が増加の一途を辿るため、インフラ事業においても安定した収益を稼ぐことが可能です。
特に水道事業者と契約しない世帯などないわけですから、絶対的な収入源が確保されているのです。
インフラ銘柄に投資するということは、人類そのものに投資することと同義だということです。

100年増配の記念すべき一番乗り銘柄は、間違いなくアメリカン・ステイツ・ウォーターだと考えています。100年増配まであと37年。決して実現不可能な数字ではないと思うのです。

■配当金を受領
そんな米国増配年数No.1の水道会社、アメリカン・ステイツ・ウォーターより配当金を受け取りました。

1A658574-A5B4-4B24-A587-7CBF2EA1DB0D

ここ最近は株価が上昇しており、利回りは2%前後となってしまっておりますが、毎年増配すること、安定した事業を営んでいることから、一生持ってても問題無い銘柄だと考えています。
株価が下がる局面があれば、喜んで買い増ししたいと考えています。

保有して損はない超優良銘柄だと思いますよ。

にほんブログ村 株ブログへ
大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)


水が世界を支配する
スティーブン ソロモン
集英社
2011-07-26