01

iFree S&P500インデックスは大和証券投資信託委託株式会社の投資信託です。
iFreeブランドで多数の商品を提供しており、購入時手数料ゼロという嬉しいメリットがあるのが特徴です。

そんなiFreeブランドに、ここ最近の米国株のニーズを受けてS&P500に連動する商品が登場しました。
それが冒頭の「iFree S&P500インデックス」になります。

米国株のトレンドを感じますね。

21


さて、今回はメールではなく、コメントで良いご質問をいただきました。
既にご回答差し上げております質問になりますが、本個別記事でもご紹介したいと思います。


■iFree S&P500インデックスはS&P500へ投資する選択肢としてアリか?

ブログ興味深く拝見しております。
iFree S&P500インデックスはS&P500へ投資する選択肢としてありだと思いますでしょうか?


ご質問ありがとうございます。
また、いつも当ブログに遊びに来ていただき、大変恐縮です。
 
結論から申し上げますと「アリ」です。

iFree S&P500インデックスは、投資信託の中ではトップレベルの優良商品です。
信託報酬は0.225%と、かなり安くなっています。

以前の投資信託でS&P500に投資するには、i-mizuhoしかありませんでしたが、こちらの信託報酬は0.57%もあります。

iFree S&P500インデックスでは1/2以下までコストが抑えられている、
ということですね。

また、投資信託の良い点として、

・積立を自動的にやってくれる。
・分配金が自動で再投資されるので税金がかからない。

という点が挙げられます。
ETFではこれらは全て手動で行う必要があるので、ほったからし投資をするにはiFree S&P500インデックスは抜群な良商品と判断することができると思います。

ETFと投資信託

ただし、ETFと比べるとまだまだ信託報酬は割高です。
SPY、1557は0.09%。VOO、IVVは0.04%。
圧倒的にETFの方が割安です。

また、iFree S&P500インデックスの組み入れを見てみると、「iShares Core S&P 500 ETF/IVV」が20%も占めていることがわかります。

48
 
つまり、イメージとしてはもともとある箱に、さらに箱をしているという状態になっています。
であれば、純粋にIVVを買ったほうが長期的にはオトクと言えると思います。

私であれば、更にドル転手数料や買い付け手数料がかからない、本国SPYである1557を選択します。


参考になれば幸いです。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ペコリ。

にほんブログ村 株ブログへ
大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)