31

ソーシャルゲームは1%未満の超重課金プレイヤーで成り立っているという事実があります。

つまり、1万人のユーザがいた場合、たった100人未満の重課金者によって争われているマネーゲームと化しているわけです。


☆★☆★☆★☆★


人は様々なテリトリーの中で、より他人の上に立ちたいと願います。

ソーシャルゲーム、学校、会社、政治、なんでもそうです。

なぜ、人は他人より優位に立ちたいと思うのでしょうか?

心理的な観点で見た場合、その目的はたったひとつ。

認められたい。

つまり、根底にあるのは、このような承認欲求というわけです。

16745039139_a9a0f1b52e


ブランドのロゴに何万円も支払い、ブランド品に身を包む

高層タワーマンションのために多額のローンを組む

性能はどれも同じなのに、意味もなく高級車を乗り回す



私すごいぃぃぃいい!!!
(そんな私が好きぃぃいい!!!)


と自己満足するための浪費。
全て認められたいがための見栄に入ります。

見栄のために何百万、何千万円捨てるのはナンセンス。
お金をかけた見栄で、手に入れたモノは儚く脆いのです。

■見栄の根源
それは、「無いものねだり」に集約されると考えています。
そればかりは、人間の生まれ持った本能なのかもしれません。
 
しかし、自分の足元を見ずに周りばかりに目をやれば、いずれは足を踏み外し奈落の底へと突き落とされてしまうのも人生であります。 

日本人ほど相対的幸福を重視している民族もいないように思えます。
世界最高峰の豊かさを享受できる日本に生まれた時点で最強の幸せなのに、他人と比べて劣等感ばかり感じています。上ばかり見上げるとキリがありません。

世の中には億万長者だって腐る程存在するし、名声を手にしている人だって多く存在します。
そんな人たちと比べて、惨めに思う日々に何の意味もないのです。

自分は自分。

他人は他人。


そう割り切ることで、十分幸せに生きていけます。


3c10732a494ea3ddd6f9711c8bd02010-e1493343731575

■お金頼りでは誰も認めてくれない。
お金を使うことは、資本主義社会においては経済循環のために意味のあることです。
ただし、お金を利用して承認欲求を得ようとする行為は虚しさしか残らないので注意する必要があります。
 
お金に助けられて生まれた価値は短命であり、明日になれば誰も認めてくれません。
対して「その人」自身に魅力がある場合、長きに渡り認められ続けます。

お金頼りで承認欲求を得ようとするのは全く意味のないことなのです。
自分に意味の無い自己投資をするより、自分自身の磨きをかける投資をするか、株式投資で経済を回すかしたほうがよっぽど有意義です。

自分が使えるお金と時間は有限です。

他人の目は気にせず、自分のためになるお金の使い方をして、人生を豊かにしていきましょう。


にほんブログ村 株ブログへ
大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)