インベスターZ2
インベスターZ1

1に分散・・・

2に長期・・・

3に低コスト・・・

・・・!?

パイセン!!

これってゴールドというよりETFのことじゃないですか!!



上記はインベスターZ18巻の一コマなのですが、米国株に投資していた方であればこう思ったはずです。

↓↓ただいま5円セール中↓↓
インベスターZ(18)
三田紀房
コルク
2017-06-23

↑↑ただいま5円セール中↑↑

確かに、ゴールドは有事の資産として大人気。
先行き不透明な世界情勢と相まって、チャートは右肩上がりを描いています。

ゴールド

2000年以降、急激な上昇局面に入っていますね。
情勢が不安定な中東を筆頭とした地域では、ゴールド信仰が凄まじいことは有名です。

しかし、今の時代はゴールド以上に優れた金融商品が開発されています。
私たち先進国の投資家であればゴールドより遥かに投資妙味のある商品。

それが、


ETF


上場投資信託です。

フランフラン

ETFは複数の銘柄が一つのパッケージとなっています。
ETFひとつ買うだけで、複数の企業へ分散投資が出来てしまうという商品です。
また、ETFは株式のようにマーケットに上場しているので、運用内容に透明性があります。
運用手数料も割安な商品が多いのも特徴です。


つまり、ETFとは個別株式と投資信託の良いとこどりであり、これだけに投資をしていれば他は何もいらないと言える商品となっているのです。

ETFは投資信託と似ていますが、投資信託はクローズドの商品です。
中には良い商品もありますが、大抵は手数料稼ぎの悪徳商品だらけという事実があります。
各社が独自に販売していることもあり、タコ足配当、高額な手数料、不人気で解散してしまう懸念もあります。
言い方は悪いですが、投資信託はあまり金融リテラシの無い方が売りつけられてしまう商品です。
現に、投資信託と聞くと世間一般では良い印象を持たれないかと思います。
それは、このような背景から来ています。

ETFはまだまだ日本では一般的ではありません。
投資家界隈でも、ETFの存在を知る人はわずかです。
なぜなら、日本株投資家の間でETFへ投資している人はわずかだからです。

日本で有名なETFを挙げてみます。

■日経平均に連動
 - [1321]日経225連動型上場投資信託

■TOPIXに連動
 - [1306]TOPIX連動型上場投資信託

この2つが最も出来高が多くメジャーな商品です。
しかし、日本株投資家で積極的にこれらのETFを買う人はいません。
なぜなら、日本株は万年ヨコヨコの株価であったからです。

日経平均

バブルが弾けて、失われた20年の間、日経平均連動型の株を持っていても、儲からないどころか損をしています。ETFなんかよりも、個別株で一発当てるようなデイトレードが主流になっていたのが日本株なのです。
最近では、桐谷さんの登場により株主優待株が人気を博していますが、それでも個別株なんですね。
日本株投資家でETFに投資する妙味など無かったのです。


対して、米国株はETFこそ最強の投資法になりえます。
あのバフェットでさえ、自分が亡き後にはETFで運用しろと妻にメッセージを残している程です。
アメリカの経済指標においてNYダウと並ぶ重要指数のS&P500もETF。
いずれもアメリカ経済の成長に合わせて常に右肩上がりのチャートを描いているのです。

NYダウ

ETFは分散、長期、低コストな商品です。
この3拍子が揃った上に、ゴールドよりも遥かに価格が上昇するのがアメリカETFです。
しかも分配金という果実も年4回得られるから驚きです。
ゴールドは持っているだけでは何も生み出しません。
もはや、置物、観賞用ですよ。

世界的な人口増加、経済発展は既定路線であるため、これからはETFこそ投資の主流になります。
優良な米国ETFは、今後投資家の間でますます広がっていくことでしょう。

分散長期低コストの投資はETF

ETFこそ至極の投資先なのです。

さて、最後に最高優良ETFであるS&P500をご紹介します。

銘柄     経費(コスト)
------------------
SPY  : 0.09%
1557 : 0.09%
IVV   : 0.04%
VOO : 0.04%


上記いずれかを買い増ししていけば、
ゴールドより遥かに安全且つ確実にお金持ちになれますよ。


金価格は6倍になる いますぐ金を買いなさい
ジェームズ・リカーズ
朝日新聞出版
2016-12-07