こんな前時代的なCMが、まだやってたことに驚きを隠せないチョコです。



普段リビングで流す番組は録画したWBS、モーサテ、ジパング、カンブリア、ガイアになるのですが、お風呂では適当な民放付けてバラエティなども見るんですね。

その中で飛び込んできたのがエスタックイブのCM。

風邪でも絶対に休めないあなたへ。


まじか!!
エスエス製薬ある意味すごいですよ。
労働規制が政府レベルで厳しくなりつつある中、平気でこんなCM流せちゃっているところが。

確かに、絶対に休めないときってあると思います。
客先定例でのオーナーであったり、システムリリース間際だったり。
上流工程になればなるほど、仕事というのは属人化していくものなのです。

しかし、普通に考えるとそのような緊急事態においても代替できる体制を作るのが組織なんじゃないのかなぁ、と思う今日この頃なわけです。
どこの組織もそれが出来ていないがために、このようなキャッチフレーズが未だにまかり通ってしまうわけなのですけどね。

体調不良により自分不在でも業務を円滑に進めるやり方。
個人的な経験則になりますが、病気などで体調不良に陥っても業務を円滑に進める方法はあります。
やはり、自分で業務調整しなければならないことが多いので、日頃から心掛けることってありますよね。

1.体調管理を怠らない。
そもそもの話になってしまうのですが、体調管理は基本になりますよね。
毎回体調不良で休む人がいますが、その人自体の信用力低下に繋がり、損をしちゃいます。
きちんとバランスの良い食事を取るのは大事だなぁと最近思います。
野菜とお肉、大事です。

2.体調不良を感じたら周りにアピールする。
地獄のミサワではないのですが、きちんと周りに伝えておくことで非常時の体制を構築しやすくなります。
同じチームの方、上司など、「なんか今日ちょっとやばめっすw」くらいのことを雑談の中に織り交ぜておくことで、周囲も気持ち的に構えることができます。
それとなくアピールしておくのが肝心だと思います。
突然休まれるより、多少はマシになりますね。

3.本当にまずそうなら必ずインプットしておく。
きちんと同じチームの方、上司に事前に伝えることです。
自分がいなかったら回らないなどという仕事は、残念ながらこの世の中にありません。
そのようなプライドは、時に会社に損失をもたらす原因になります。
そのため、遠慮せずに言いましょう。

4.信用を構築しておく。
日ごろから仕事を真剣にやり遂げ、普段から周囲と綿密にコミュニケーションをとっている方は人徳があります。
何かあっても周りがサポートしてくれる体制が作られやすいのです。
結局のところ、ビジネスは人対人なので、人とのコミュニケーションを普段から大事にすることが肝心だと思っています。
人間関係って大切ですよね。

41e76c211e17b7b9410e27d9088adad7

ミサワみたいな人は確実に人徳を失うので注意しましょう。

5.まとめ。
どんなことであれ、無理をすると返って仇となることが多いものです。
体調不良を感じたら、迷わずに休息を優先するよう、自分を大事にしていきましょう。

自分が一番大事!

自分という人間はこの世に一人しかいない、かけがえのない存在なのですから。

仕事も投資も、身体が何よりの資本です。