現金


現金。


それは人の心惑わす魔性のツールです。

私自身、たまに現金を見ると結構びびっちゃいます。
それがたとえ5万円くらいでも。
(↑の画像見ただけでも結構びびる!)

金融系サービスはネット革命の流れを受け、今はほとんどが電子化されています。
お金の送金もネット銀行でポチーっとすれば完結するし、買い物だってほぼカード払いです。
マイホームを買う時だって、銀行で手続きするわけですから全て数字が行き来しただけでした。
株の資産だって、画面上に数字が並んでいるだけです。全て数字上の出来事です。


そうなんです。

現金を見るシーンって、現代ではほぼほぼ無くなりつつあります。

私のお財布にも現金はあんまり入っていません。
朝の通勤はSuica、昼はお弁当(たまにランチ)、コンビニ行く場合やネット通販はクレカでの支払いです。

現金いらなくないですか?

仮想通貨の登場により、今後はますます現金が使われなくなる時代になっていくのです。

しかし、現金でしか支払えないようなシーンに出くわすことがあります。
訪日外国人が日本旅行する際に不満に思うことの上位は、クレカや電子マネーが使えない店が多過ぎること。

確かに、思い返すと都心でも未だに電子決済に対応していない店が多いことは理解できます。
クレカ対応にすると余計な手数料でお店の利益が圧迫されてしまうから、という理由と、日本人は現金主義であるという理由から来ていることだと推測されますが、今後は現金決済のみというのは時代遅れになるでしょう。

で、そのようなお店などで買い物する時のため用に、たまにATMから纏まったお金を下ろすのですが、その時結構びびります。


うわぁぁ!5万円だわー!!


みたいな。

なんだか自分がお金持ちになったような錯覚に陥るのです。
それがたとえ5万円くらいでも!

現金って人の心を惑わすパワーが絶対に宿っていると思います。

目の前に何百万って積まれたら、たぶんめちゃくちゃ偉くなった気になるかもしれません。
成金ってすごく金遣い荒いですけど、おそらくそのような錯覚に陥るからなんだと思います。


伝説の投資家



現金を見ないのはいいこと。



伝説の投資家、BNFは極力現金を見ないようにしていると語っていました。
現金をみてしまうと、いざというとき冷静な判断ができなくため現金はできるだけ見ないようにしている。
ということです。

彼は物凄く頭のキレる方だと思います。
それは喋り口調などでもよく理解できます。
とても物事を合理的に捉え、実践していました。

その彼が

「現金は人間の判断力を鈍らせる魔力がある」

と語っているのです。

電子化により、現金を見かけなくなった時代は、ある意味理性を保つ効果をもたらしているのかもしれませんね。


しかし、逆に現金を見なくなったからお金のありがたさをわからなくなるケースもあります。

全て数字上のバーチャルな世界だと錯覚してカード地獄に陥る人がいるのも事実なのです。
そのような人は、逆に現金を中心とした生活を送ることが大事になってきます。

何事も、その人にあったやり方を選択できる時代です。
賢いお金の使い方をするためにも、自分自身と向き合うことはますます大事なことになっていきます。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK

現金の呪いーー紙幣をいつ廃止するか?
ケネス・S・ロゴフ
日経BP社
2017-04-06