NISA。

NISAは「Nippon Individual Savings Account」の略です。
イギリスでは元々ISAという非課税制度があり、日本はこの制度を参考に導入したと言われています。
買った銘柄の売却益や配当金が非課税になる制度であり、投資家にとって大変オトクな制度です。

私はGMOクリック証券にNISA口座を持ち続けておりましたが、来年からはマネックス証券で米国株NISA運用を本格的にスタートしていきます。

マネックス証券を選んだ理由は米国個別株の買い付け手数料が、唯一無料(キャッシュバック)であるからでした。

米国株をはじめとする外国株は手数料が高くつきます。
とはいえ、昔に比べるとかなり安くなっているわけですから、証券会社の努力も伺えますよね。
さらに、NISAを利用すれば手数料無料で購入できることになりますので、これを使わない手はないですよね。

いやはや、証券会社さんってどこで利益を上げてるんでしょ?
と思わず心配したくなるような太っ腹制度です。

GMOクリック証券での解約から、マネックス証券への申し込み過程を書いていきます。

うまる

まずは、GMOクリック証券への解約手続きです。
Webサイトへログインして、NISA口座解約をポチっとクリックするだけで解約申請は可能です。
さすがクリック証券。カンタンですね。

すると、しばらくしてこのようなメールが送られてきます。
【重要】 17/09/25(月) 【NISA】非課税適用確認書の交付申請書のみなし提出不適用届出書 受理のお知らせ

平素よりGMOクリック証券をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご提出いただきました「非課税適用確認書の交付申請書のみなし提出不適用届出書」を受理いたしましたので、お知らせいたします。
これにより、お客様の2018年以降(第二期勘定設定期間)のNISA口座は開設されませんのでご注意ください。

2018年以降のNISA取引につきましては、改めての開設手続きが必要となります。
開設をご希望する金融機関にて新規申込としてお手続きいただきますようお願いいたします。

長い間お世話になりました。
GMOクリック証券、大好きです!
てか、社長が優秀過ぎて引きますw

2005年7月に、現在の代表取締役である高島秀行がGMOに入社し、その後1年に満たない期間で証券業の免許の取得とシステム構築を行い、ネット証券を一から一人で立ち上げた。

(出典:wikipedia)

超人か!
天才を超えている。

さて、次はマネックス証券への申し込みです。
どこから申し込むのかがわからなかったため、お問い合わせをしちゃいました。

<お問い合わせ内容>
──────────────────────────
ご担当者様。
GMOクリック証券のNISAを解約しました。

貴社マネックス証券にNISAを移行したいのですが、どのように手続きを取ればよろしいでしょうか?
米国株でのNISA取引きを希望しております。

お手数ですが、ご回答いただけますと幸いです。

翌日、安田さんより早速回答がありました。
とても迅速且つ、とても丁寧なご対応をしていただき、感謝したいです。

安田

ご連絡をいただきましてありがとうございます。
マネックス証券の安田と申します。

お問合せの件について回答申し上げます。

2018年より当社にてNISA口座開設をご希望の場合には、
【10月2日】より、お申込受付を開始する予定でございます。

手続き書類につきましては、証券総合口座ログイン後の
「保有残高・口座管理」>「各種口座開設状況」画面、
NISA口座の項目『開設/状況確認』画面より、
ご請求くださいますようお願いいたします。

なお、マイナンバーのご提出が必須となりますので、
あらかじめご留意ください。

以上をこのたびのご説明といたしますが、
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。

10月2日からなのですね。
忘れないようにスケジューラに登録、と。

ということで、数日経って10月5日。
先程マネックス証券にNISA口座申し込み依頼を行いました。

来年が本当に楽しみです!

高配当米国株、買いまくるぞ!!

ジャイアン

にほんブログ村 株ブログへ
よろしければクリック応援お願いします。