2ちゃんねるやニコニコ動画の創設者でもあり、現在は政治経済のコメンテーターとしても活躍中のひろゆき氏。ひろゆき氏は若くして億万長者になり、現時点の資産はなんと20億にも上るといわれています。

さぞ贅沢な暮らしを送っているのかと思いきや、彼の論理的思考に基づいた生活習慣は質素そのものであるようです。

「おいらはいくら稼いでも月5万円で生活してる。自分にご褒美!とかやってるやつはアホw」

maxresdefault

安心できるまでがむしゃらにおカネを稼ぐことより、「今の生活で満足できるように考え方を変える」ほうが、幸せになるには手っ取り早くないでしょうか。

というのも、僕は自分がいくら稼ごうと、月5万円の生活を崩したことがありません。
そして、それで十分幸せを感じているのです。

(略)

こうしたおカネの使い方の中でも、特に愚行だなと思うのが、「自分にごほうび!」というやつです。外食もこれに入るかもしれませんね。
人におごるのであれば、もしかしたらめぐりめぐって自分にメリットがあるかもしれません。
しかし、自分にごほうびをしたところで、給料が増えることはありません。


つまり、「自分へごほうび=損失」です。


そして、その損失は簡単に埋めることができません。
仕事やプライベートでイヤなことがあるたび、自分のためにおカネを使っていると、生活コストがどんどん高くなっていきます。

絶対にやめるべき習慣のひとつですね。

若くして億万長者になった人は、往々にして派手なパーティ、派手な生活で金持ち→貧乏へまっしぐらになることが多いですが、ひろゆき氏の姿勢は見習うものがあります。

人間は環境に慣れていく生き物です。

生活水準を上げてしまうと、今まで贅沢だと思っていたコト、モノが、「当たり前」になっていきます。
今まで刺激的だと脳が認識していたことも、繰り返し刺激を与えることでマヒして物足りなくなってくるのです。
すると、もっと刺激を求めてしまい、更に贅沢をして刺激を求め続けます。
いずれ、その刺激までマヒしていき、更なる刺激を求め続けるというスパイラルに陥ります。
その欲求は青天井となっていき、いずれお金が尽きます。

つまり、生活水準を上げる前より不幸になっていくのです。


お金の仕組みを学べる有名な著書に「金持ち父さん貧乏父さん」があります。
これらの贅沢スパイラルについて、著者はラットレースと例えて痛烈に批判しています。



若い男女が結婚して、一人暮らしをしていた狭苦しい賃貸アパートで一緒に生活を始める。
二人はまもなく、一人で暮らしていた頃よりお金がかからないことに気付き、お金を貯め始める。

二人は仕事に精を出す。

すると、二人の収入が上がり始める。
収入が上がると、それにつれて支出も増える。
収入が増えたからそろそろ・・・と若い二人は夢に見た我が家を買う。
それから二人は新しい車を買い、家具を買い、新居に合わせて電化製品を新しくする。
そして、ある日突然、クレジット等の支払いで負債の欄がいっぱいであることに気付く。

こうなると二人はラットレースの罠にはまったも同然だ。

子供が一人生まれる。
二人は更に一生懸命働く。
前と同じプロセスが繰り返される。

収入が増えれば税金が高くなる。
クレジットカードが郵送で送られてくる。
二人はそれを使う。
限度まで使って支払いが難しくなる。

二人は住宅を担保として低利のローンに切り替え、高利のクレジットカードの支払いを済ませる。

近所の人が「一緒に買い物に行こう。初夏のセールが始まったのよ。節約のチャンスだわ」と誘ってくる。
二人は「何も買うつもりはないけれど、見るだけ見てこよう」と言って出掛ける。
ただし、万が一のために・・・と、支払いをすっかり済ませたばかりのクレジットカードを財布に突っ込む。

私はこんな夫婦にしょっちゅう出会う。
陥っている経済的ジレンマはみんないつも同じだ。
彼らは自分が持っているお金をどのように使うか、その選択の仕方が問題で、お金に困っている本当の原因はどこにあるのか気付いていない。
彼らがお金に困っているのは、金銭的な情報が読み解く力がなく、資産と負債の違いをわかっていないからだ。

今までより多くのお金が手に入ったからといって、お金に関する問題が解決することなどほとんどない。

問題を解決するのは知性だ。
私はお金に困った人に対して、いつもこんなことを言っている。

「穴に落ちていると気が付いたら、穴を掘るのをやめなさい。」


現代はそこまでお金をかけなくとも、十分満足できる生活環境が整っています。
美味しい牛丼を380円で食べられる外食サービスなど、外国には存在しません。
インターネットも普及した現代では、無料で満足できるサービスも充実しています。

見栄やプライドの鎖に繋がれたような、つまらない思考回路はラットレースの道に一直線です。


必要以上に贅沢を追い求めることは、人生を惨めにする愚行だということを覚えておかなければなりません。


にほんブログ村 株ブログへ

よろしければクリック応援お願いします。


貧乏は必ず治る。
桜川真一
CCCメディアハウス
2017-03-01