hawaii_03

ハワイアン・エレクトリックは、その名の通りハワイ州最大電力供給会社です。
同社の歴史は長く、設立は1891年10月13日になります。
NYSEに上場しており、S&P400の構成銘柄としても採用されています。
本社はホノルルです。

電力事業以外に、ハワイに拠点を置く銀行を事業資産として保有していることもあり、まさに同社はハワイの生命線であることが伺えます。

同社は原発事業は行っておりません。
また、火力発電事業が中心だった同社ですが、最近は再生可能エネルギー事業にも力を入れており、2045年までになんとハワイ州全ての電力を再生可能エネルギーで賄うことを達成するロードマップを描いています。
手始めにまず、モロカイ島で2020年までに100%再生可能電力で賄うことを達成することを目指しています。

太陽光パネルを取り付けないと、戸建住宅の建築許可を出さないという法律ができたことも、再生可能エネルギーを推進する役割を果たしているともいえます。

キャプチャ

このような事業計画を立てられるのは、ハワイの安定した気候が背景にあります。
不安定この上ない再生可能電力を事業の柱にすることは、日本の電力会社ではまず無理でしょう。

また、ハワイの電気料金はアメリカでも一番高いといわれていますが、ハワイには節電という概念が全くないようで、どこへ行っても冷房がガンガン効いています(一般家庭は不明)。

アメリカ人やアジア人にも大人気のハワイ。
今後もハワイアン・エレクトリックは必要とされ続ける会社で間違いないと思います。

さて、同社は高配当も魅力です。
現時点の配当利回りは3.71%もあり、安定的に株主に利益還元をしています。
ただし、増配年数は0年です。

メインで買い集める銘柄ではないかもしれませんが、ハワイが好きで、且つ電力という人類最強インフラ銘柄が好きな方には大変魅力的な銘柄だと思います。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK