高齢者詐欺

人口激減の日本では不動産投資は絶対にオススメできません。
都内のマンションを短期転売するならまだまだ売却益は狙えますが、それ以外は負債にしかなり得ません。
相続税対策を謳いアパートやマンションを建てまくったせいで、現在の不動産投資業界はただでさえ少ないパイを奪い合うという目も当てられない状態になっています。

結果、辺りは空き部屋だらけのアパート、マンションだらけ。
家賃収入生活を夢見たものの、多額の固定資産税などの維持費で収支はマイナスに陥るという事態が多発しています。

不動産投資における反面教師材料として、とても良い記事があるのでリンクしておきます。

絶対儲かるといわれたアパートローン「私はこうして破産した」

「ウチでアパートを建てれば、賃料を固定で保証します」

夢のようなトークで巧みに近づいてくる不動産業者と、高額の建築費を簡単に貸し出す銀行の融資担当者。
彼らは決して、我々の味方ではない。

入居者が減っていく

「お持ちの土地を活かしてみませんか。アパートを建てれば、管理と入居者募集の手間はすべてこちらでお引き受けします。さらに、契約中の30年間は一定の家賃収入を保証します」

東京から電車を乗り継ぎ約2時間の中部地方の某県。
県庁所在地からさらに車を走らせること30分ほどの町。
この地で長年農業を営んできたAさん(80歳)の元を、大手不動産会社B社の営業マンが訪れたのは、いまから十数年前のことだった。

その頃、Aさんはちょうど老後のお金の算段を思案していた時期だった。

営業マンが持参した資料には、一般のアパートの家賃はこの先年々下がる一方だが、この会社の「サブリース契約」でアパートを建てれば30年後も家賃収入は下がらないとするグラフがでかでかと印刷されていた。

専門家が資料を見せながらはっきりと『損することはありません』と断言するのだから、大丈夫なのだろうと思うようになっていきました」(Aさん)

アパートの建築費は約9000万円。
ほぼ全額をB社から紹介された地方銀行のアパートローンで賄った。

それから10年間にわたり、B社からは確かに契約どおり毎月65万円の振り込みがあった。
ローンの支払いは月約36万円。
そこからさらに諸経費を除いた20万円がAさんの収入になった。
老後の貯えのための副収入としては、十分な金額だった。

ところが、時間が経つにつれてAさんのアパートの周囲には、B社による別のサブリース物件のアパートが次々増えていく。

現在では約20戸のうち15戸近くが空室のままだ。
ツートンカラーのアパートの玄関先には、業者が用意した『入居者募集』というのぼりが、虚しく風にはためく。

自宅まで差し押さえられて…

老後の資金づくりのつもりが、全てを失ってしまった――。
そんなことにならないよう、「甘い誘い」には十分用心しなくてはならない。

全文:絶対儲かるといわれたアパートローン「私はこうして破産した」

(出典:現代ビジネス)

まあ、記事の登場人物に関しても、いろいろと問題はあるとは思うのですよ。

 - 営業マンを信用し切っている浅はかさ
 - 人口減少の事実を知らないまま借金して投資したこと

要約すると、自分では何も勉強せず、全て他人に任せきりだったことが諸悪の根源なわけです。

少し勉強すればわかるはずですからね。
本当に儲かるのであれば営業マンが自分で契約しているはずですので、日々あくせく働くことなどしていないはずということも。
つまり、必死に営業マンが投資セールスをしている時点で怪しいと思わなければアウトなのです。

とはいえ、不動産は投資の王道であり、団塊世代ほど信仰は厚いものです。

事実、私の親も不動産投資をしています。
銀行からの借り入れではなく、キャッシュ購入だったからまだ良かったものの、そこまで投資に詳しいわけではないので、記事の営業マンみたいに騙されていたら目も当てられないところでした。
幸い、都内近郊の不動産ということもあり、入居者は途切れてはいないとのことなので今は安泰ですが、将来どうなるかわかりませんからね。
固定資産税だけ垂れ流す負債にならないことを祈るばかりです。

一度、親には株式投資を勧めてみたのですが、やはり絵に描いた通りの反応でした。

「危ないんじゃない?株ってギャンブルでしょう。」

ああ、そうだよね~。
で話は切り上げましたが。

世間の人の反応ってそんなものですよ。

部屋でパソコンを使う女性_R2


やはり、株式は最高の投資法である。


不動産を保有するには固定資産税がかかりますが、株式保有には管理費などはかかりません。
不動産には修繕費や入居者の心配をする必要がありますが、株式では企業が勝手に利益を稼いでくれます。
不動産には家賃以上の収入は望めませんが、株式には増配で収入が増えることがあります。
不動産を売りたいときは手間と多額の手数料がかかりますが、株式は売りのボタンひとつで済みます。
唯一、不動産と株式が共通しているのは「不動産=災害」「株式=倒産」という点くらいですかね。

こんなに最高な投資法が身近にあるのに、ギャンブルと思っている人は可哀想です。
日本での不動産信仰はまだまだ続きそうですが、怪しい話には乗らないように注意しましょう。

P.S.
持ち家については賛成派の私です。
今時は賃貸で住むくらいだったら、都内隣接県に家買ったほうが全然安いですよ。
賃貸はなかなか相場が下がらないので、隣接県であっても高いですし、見ず知らずの大家にお金払うくらいだったら銀行に払います。
しかも、銀行の株主になっておけば、銀行へ払う利子は、銀行からの配当で取り返せます。
住宅ローン減税による還付も10年もありますので、むしろ利子払った分以上にプラスになります。

家買って2年くらい経ちますが、全く後悔していないばかりか、毎日最高の気分ですよ。

にほんブログ村 株ブログへ
よろしければクリック応援お願いします。