お金のこと

私はYahoo!ニュースが大好きなので毎回見ているのですが、気付いたことがあるのですよ。
それは、お金関係の記事は必ずトップに躍り出るということです。

「リボ払いの沼 多重債務の危険」

様々な国内、国際問題が溢れる中で、堂々のトップニュース第二位です。
日本人ってお金に興味がないといいつつも、お金大好きですからね。
普段は「お金みたいな汚い話になんて私興味ないですから〜」風に装っているのに、いざお金の話になると興味津々で聞き耳立てているのです。
自分や他人の給料なんかも気になって仕方がないのです。
だからこそ、給料少ないとかそんなトピックばかりがニュースになります。

皆さんはリアルでお金の話をしますか?
私は、リアルでもお金の話はバンバンします。
もっと言うと、「お金と政治と宗教の話をしないのは大人のマナー」とは言いますが、信頼関係を構築したい人とは逆に積極的にこういう話題を話したほうがいいです。
失礼の無いよう、空気を読む等のテクニックはもちろん必要です。
場違いなヤツ(所謂KY。今でも使うのかな?)になっては本末転倒だと思いますので。
しかし、結果として相手と深い話まで持っていけることが多いのです。
で、その人なりの考え方や倫理観など勉強になることも多いので、私はセンシティブな話題こそ積極的に話すことをオススメしたいです。

信頼関係とはどういうことでしょう?
それは相手を受け入れて、自分も受け入れてもらう、という物々交換に近いものだと考えています。

自分を受け入れてもらうにはどうしたらいいか?
それは、先にも述べた通り、まず相手を受け入れるということです。
そうすれば相手も心を開いてくれることが多いと思います。
実際、私にセンシティブな話をしてくれる知人や同僚は多いです。

とはいえ、日本人は他人を認めて受け入れるのが往々にして苦手です。
日本人は自身の思いや要求をぶつけるだけで、他人の意見を理解しようとしない人があまりにも多いためです。
今後、これは日本人の課題になると考えています。

例えば宗教。
私は宗教を信仰してはいないのですが、宗教というのは「教え」のプロセスが異なるだけで、目指すものは各宗教同じものだと考えています。
宗教同士の争いは国際的な問題ですが、詰まるところきのこの山とたけのこの里どちらが美味しいか?で争うようなものだと思っています。
食べてしまえばどちらも美味しいし、どちらも人々を幸せにするお菓子には変わりありません。

つまり、本質を理解すれば、何事も受け入れることが出来るし、逆に相手にも自分を受け入れてもらえる確率も高くなるということです。

日本でもダイバーシティが加速していくのはもはや既定路線ですので、今のうちにこのような考え方を身につけることは人生で必ず有利に働くと思います。

にほんブログ村 株ブログへ
よろしければクリック応援お願いします。