img_0
(画像出典:Mizuho Financial Group, Inc.)

日経平均は4日続落で全面安となりました。
北朝鮮情勢への警戒感が再び強まったとされています。

そんな中、先週から指していたみずほFGが約定していました。
配当利回りがついに4%の大台に乗った形となります。
北朝鮮リスクという意味不明な下落には、バーゲンだと思って買い増しするに限ります。
今年のNISA枠がもう少しで使い切れるので、残りはみずほFGかMUFGに投入していく予定です。

金融であれば米国株より日本株のほうが圧倒的に利回りが高く、且つ税金控除も出来ます。
地銀は厳しい時代ですが、私はメガバンクは今後も儲け続け、高配当を維持し続けると思います。

みずほ約定

みずほFGの保有数はこれで5,200株となります。
SMFGも欲しいのですが、一単元が高すぎてリスクがありますので、みずほFGかMUFGが無難な選択肢だと考えています。


メガバンクに定期預金するくらいなら、メガバンクの株を買いましょう。


同行の定期預金の金利は0.01%、対して配当利回りは4%です。
その差はなんと400倍。
しかも、定期預金の金利には税金がかかりますが、配当にはNISA適用で無税です。
定期預金神話が崩壊する中、未だに株式投資をしない人は損しています。
年配者ならまだしも、私と同じ30歳くらいの人でも株式投資をやっていない人ばかりです。
手始めにみずほFGを買ってみるのは悪くない選択肢です。

9月末が今年の最終権利確定日なので、まだ間に合いますよ。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK