IMG_6683

トランプ大統領がツイッターでAmazonを批判しています。
内容としては税金を支払わないことや、雇用を奪っていることに対する批判です。

Amazonは税金を支払っている小売店に大きな被害をもたらしている。
米国の町、市、州に影響を及ぼし、多くの仕事を失わせている。

 トランプ

ご存知の通り、Amazonは成長を最重要としている戦略企業です。
利益は新規事業等への投資に回すため、売上高は毎年爆発的に伸びていますが、利益がほぼありません。
それ故、税金の支払いは米国であっても最小限に抑えられています。
法人の税金は利益にかかってくるからです。

株主への配当や自社株買いも、企業成長を優先していることから一切ありません。
しかし、投資家からは非常に評価されており、株価は既に1,000ドルをつけるほどになっています。

それにしても、トランプ大統領はすごいですね。
この敵無し精神は、ある意味学ぶものがあります。

ただし、時代の流れは誰にも止められません。
既にインターネット革命により、人手を多く必要とせずとも業務を行えるようになっています。
また、EC系であればシステム上で完結してしまうので物理店舗と比較するとコストメリットは圧倒的です。

このような背景からも、労働者が失業してしまうのは仕方がありません。
労働者で居続ける限り、時代に応じたスキルを身につける柔軟さが必要です。

これは時代を振り返ってみても同じです。
産業革命では機械普及による失業が多く発生し、それに対抗するために様々な労働者の運動が起こりましたが、結局は時代の流れには逆らうことはできませんでした。

近い将来、AI革命が起きて更なる革命が起きます。
高度なスキルを必要とする職種でも、大多数の労働者はAIに切り替わっていくでしょう。

つまり、トランプ大統領の望みが仮に叶ったとしても、それは延命措置にしかならないということです。 

アメリカは大統領が誰であろうと、企業は成長を続けます。
動じず、代表する優良企業に投資していれば問題ないと思います。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK