DSC_0025

昨年12月上旬、タイの港にJR北海道の中古気動車が到着した。特急「オホーツク」としても使われた特徴的な「顔」は、日本のファンに愛されてきた。タイ国鉄は観光列車として改造、使用する予定という。

地元紙バンコク・ポストによると、譲渡された計17両にかかる輸送費など約4250万バーツ(約1億4700万円)は、タイ側の負担となった。

これに現地で賛否両論が巻き起こった。賛成派は、中古でも高品質に保たれた日本製車両への期待を示す。一方で、製造から40年近い車両の導入にコストがかかり過ぎているとの意見が続出。インターネットでは「金属くず」と表現された。

中古車両を巡る同様の状況は他国でも起きている。ベトナムでは、JR東日本の気動車37両を輸入する鉄道公社の計画について、政府が11月末に「基準を超える古さ」を理由に反対を表明したという。現地のメディアが報じた。

東南アジア各国では、2000年頃から日本の中古車両が活躍の場を広げてきた。JR東日本はインドネシアに13~20年に800両超を譲渡した。ミャンマーやタイ、フィリピンなどでも各鉄道会社からの譲渡の例がある。コロナ禍前は、日本から現地を訪れる鉄道ファンも多かった。

近年は中古への風当たりが強まっている。経済成長で新車を導入する余裕が生じたという背景がある。

車両の保守、管理を巡る問題も新車傾向を後押しする。東南アジアの鉄道に詳しいアジア経済研究所の川村晃一氏は「鉄道車両はオーダーメイドに近く、中古だと部品の取り寄せに手間がかかる。新車ならメーカーの保証が手厚い」と指摘する。一部の国では保守が行き届かずに放置された中古もあるという。

日本製車両の「第二の母国」である東南アジアで脱中古が加速すれば、日本の鉄道会社にコストの増加をもたらしかねない。在来線の車両1両あたりの廃車費用は「平均200万~300万円程度」(大手鉄道会社)という。大量の廃車は、コロナ禍による業績悪化に追い打ちをかけてしまう。

ただ、こうした状況は、車両の作り手であるメーカーにとって新たな商機になりうる。新車需要を見込んだ日本や欧米、中国のメーカーによる競争は始まっている。

16年開業のタイ・バンコクの都市鉄道「パープルライン」は、JR東日本傘下の総合車両製作所の新車を導入。同製作所は昨年10月、フィリピン・マニラの都市鉄道向けの出荷を始めた。日立製作所やJR東海傘下の日本車両製造なども、各国で新車が採用された。川村氏は「中古車両の活躍の場は、在来線をはじめ一部路線にとどまるだろう」と述べ、新車との代替わりが進むとの見方を示した。


https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220120-OYT1T50344/

ネットの反応

衰退国のお下がりなんて
縁起が悪そうだもんなw

新車投入する力が付いたなら
それでよいんじゃないか。
それ以上何がある?

日本の中古より
中国の新車ですよね
昭和脳では困りますよ

寄付や寄贈と称して
ゴミを送ってました

まぁ、中国は経済支援する時に
最新型を出すからな。
正直、産廃レベルの日本製と
2流でも最新型なら後者だわ。

要らなければ要らないでかまわんでしょ
必要だから輸入したんじゃないの
ほっておけ

なら買わなきゃええやん
ネットオークションでも
ジャンク品と書いて売っても
「ここが動かないから返品しろ!」
とか言ってくる馬鹿がいるけど、
何で1000円のジャンク品に
文句言ってんのって感じ
嫌なら最初から新品買えよ

いいじゃん中国製でww
ただ中国製の新車のほうが
故障するらしいぞww

最新の車両を買えない
後進国が何を偉そうに
文句を言うんだったらいい加減
自立をしてODAを貰うのも止めろよ

中古売ってるけど
新品も売ってますよ

東南アジアの国から要請が有って譲渡しただけで日本が押し付けた訳ではないよねこれ?

SPONSORED LINK