ウルフ村田氏がこのようにコメントしていました。
ウルフ村田(村田美夏)‏
@muratamika2020
株で勝てない人は、まずは、銘柄少なく。
盆栽みたいに少額多数銘柄並べてる人間は、まず一生貧乏。
分散投資を盆栽に見立てるなんて、旨い例え方しますねw
まさに私は自分自身を盆栽投資家だと思ってます。
でも、それで良いと思っています。

だって、集中投資はリスクを伴いすぎですよ。
そのリスクを受け入れてまで投資する意義って、今の日本で生きている上であるのでしょうか?
普通に働いて、その余剰資金で投資するだけで資産形成は可能です。
むしろ、投資をしていなくとも、日本で生まれた時点で超勝ち組です!!

自分の年収が世界の上位何%で、どれぐらい恵まれているかを見せてくれる「Global Rich List」ってサイトご存知でしょうか?
自分の年収を入力するだけで、自分が全体の上位何%で第何位ぐらいかを計算し、わかりやすく比較してくれるサイトです。

http://www.globalrichlist.com/


リッチ

サイトにアクセスした後、Select locationでJapan(Yen)を選択します。
続いて、Enter annual net incomeに円換算で年収を打ち込みます。
最後にshow my resultsを押下します。

リッチ2

すると、このように結果が表示されます。
見てください。
私の年収は、全世界の上位0.17%に属しており、全人類のうち1千30万2577番目に裕福な人、と出ました。
これ、すごくないですか?
おそらく大体の日本人が上位1%に入るはずですよ。
世界は日本人が思う以上に貧しい国が多いのですよ。

「世界の他の地域に住む人たちと比べて、自分たちがいかに裕福かということをしっかりと認識してもらうのが、このサイトの趣旨だ。
西側諸国では、ともすると有名人や大金持ちを見上げて、くよくよと考え込んでしまうが、このサイトはごく簡単な手法で、そうした見方を一変させるものだ」

Global Rich Listの作成に関わったニコラス・ルーペ氏は、このようにコメントしていました。

結局お金持ちになりたい!っていうのはより良いサービスを受けたいとか、美味しい料理が食べたいとか、欲望に対する対価だと思うのです。
贅沢したいために、そんなリスクを取るなんて私には無理です。
バフェットやBNFは超憧れますが、何百億、何兆儲けなくても十分です。

このウルフ村田氏が指摘していることは、短期トレーダーに限っての話な気がしています。
投資とは「時間」が味方してくれます。
配当で資産を最大化しながら、再投資や追加投資で雪だるまを加速させるものです。
であれば、優良高配当企業を分散したほうが遥かに効率的に、且つ確実に資産を増やすことができます。
中長期投資家には同氏のコメントは当てはまらないと考えています。

考えてもみてください。
バフェットが死後に備えて自分の妻に当てた言葉に「S&P500で運用するように」って指示しているんですよ。
S&P500なんて分散投資の最たるモノじゃないですかww

シーゲル氏だって配当再投資は1926年以降で株式市場のリターンの97%を生み出してきたって言ってます。
これって、この人の感想でもなんでもなく、過去データから分析した正当な結果ですよ。



普通に日本で給料もらってるだけで世界の上位1%に入った上に、更にS&P500や優良企業への投資が出来るのが日本人です。

こんな贅沢な話ってないですよね。

投資家の数ほど投資戦略があります。
短期トレードで利ざやを稼ぐことを中心とする投資はやっぱり私は反対ですね。
そりゃ人間ですから贅沢は死ぬほどしたいです。
でも、許容範囲を超えたリスクをかけてまで贅沢をしたいと思いません。

であれば、大多数の投資家が行う戦略こそ分散投資が最適解となるはずです。
(あくまでS&P500などの優良分散投資に限りますよ!)

盆栽投資家としてしっかり地に足をつけて、着実に資産形成していきましょう。

にほんブログ村 株ブログへ
よろしければクリック応援お願いします。