NISAは買った銘柄の売却益や配当金が非課税になる制度です。毎年120万円まで好きな銘柄を買うことができます。大半の証券会社はNISAを利用した売買手数料も無料になるので、最小単位でコツコツと銘柄を拾っていく戦略に持ってこいだったりします。

私のメインで利用している証券口座はGMOクリック証券です。これは、株主優待で売買手数料がキャッシュバックされることからなんとなく開設した口座でしたが、NISAも同時に申し込みをしたのでNISA口座も同社で保持していることになります。

日本株だけ売買するには特段問題はなかったのですが、米国株の比率が増えていっていることからSBI証券に乗り換えを検討してみました。(GMOクリック証券に、米国株はラインナップにありません。)

■外国株は手数料や税金が高い
日本株と比べ、米国株を含む外国株を買うにはまだまだ経費が嵩むのが現状です。それでも昔よりはグッと安くなったみたいですね。下記に米国株を取引きするための段取りと経費をおさらいしてみたいと思います。

(1)為替スプレッド
米国株を買うためにはまず円をドル転する必要があります。その際にはスプレッド(売値と買値の差)が生じます。端的に表現すると、これは証券会社への手数料みたいなものです。

SBI証券の規約では米ドル±25銭となっていますので、通常の為替レートにその分が上乗せされます。(海外旅行する際はよくわかると思いますが、銀行窓口で外国通貨に変えてもらう時はかなり上乗せされますよね。)

(2)株の売買手数料
次に、売買手数料です。SBI証券では約定代金の0.45%を手数料として徴収します。しかし、下限5ドル~上限20ドル内での条件付きであるため、1株だけ買いたいとしても5ドル(超ざっくり500円)は最低持っていかれます。これでも業界最安値です。

SBI手数料
(画像出典:SBI証券)

日本株であれば売買手数料は大抵は無料です。米国株は1株単位で購入できるので、もし無料であれば非常に手軽に購入することができます。(例えば今日は少し下がってるから、1株だけ追加買いしておこうとか)

(3)配当金と売却益への課税
米国株では本国で10%課税された後、日本でも更に20%課税されることになります。つまり、合計30%も課税されてしまいます。確定申告をすれば本国の課税分は控除してもらうことができますが、かなりめんどくさそうです。

■回答結果
SBI証券より以下の回答が届きました。

・為替スプレッドや売買手数料について
誠に恐れ入りますが、NISA口座での外国株式の売買は、所定の取引手数料が発生します。海外ETFについては、買付時のみ、取引手数料が無料となります。

・配当金と売却益への課税
NISA口座で売却した場合、譲渡益は非課税になります。また、NISA口座で保有する外国株式などの配当金・分配金については、現地では課税されますが、日本では非課税となります。

なるほど。

表にまとめると以下の通りになります。

NISAカテゴリ (1)為替スプレッド (2)売買手数料 (3)配当金と売却益への課税
日本株 無し 無料
配当金:非課税
売却益:非課税
米国株 有り 有り(最低5ドル) 配当金:米国のみ10%課税(日本は非課税)
売却益: 非課税
米国ETF 有り 買付け時のみ無料 配当金:米国のみ10%課税(日本は非課税)
売却益:非課税

■結論
米国一本投資であればNISAを活用したほうが断然オトクです。ただ、米国株は中長期的な運用を想定しているので私としては売却メリットはあまり考えてないですね。

ETFはなかなかNISAメリットがありそうですが、ETFであればS&P500で十分な気がしますので、1557をカブドットコムで買えば同じく買付け手数料は無料ですし、ドル転の手数料も掛からないので利用することは今のところなさそうです。

NISAは日本株向けの制度であることから、やはり日本株で使ったほうが最大限のメリットを享受できます。10万以下で買える高配当大型銘柄(みずほFGやMUFG、丸紅あたり)あたりを気軽にポチるほうがいいのかな。今後証券会社のルールが変わって、米国株の売買手数料が無料になれば嬉しいのですが。

とはいえ、配当に関しての日本課税20%が無くなるのは相当大きいので、米国株の比率が日本株より高まったらまた考えます。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK

トランプ
ワシントン・ポスト取材班
文藝春秋
2016-10-11