nihonchizu

 日本の生産性が先進国の中で低いということは知られるようになった。生産性が低いということは実質所得が低いということであり、貧しいことである。

 世界で広く使われている豊かさの指標は一人当たり実質購買力平価GDPである。日本は、この豊かさの指標で、韓国よりも貧しくなった。

 まず事実を確認し、なぜそうなってしまったのかを考える。日本が遅れた理由として、多くの人が主張する、「日本はキャッチアップを終えて先進国になったのだから、もはやキャッチアップ型の成長はできない。これからの成長を支えるのは独自性と独創性だ」という言説にあると考える。しょうもない独自性と独創性にこだわるうちに、日本は豊かさにおいて、アメリカにキャッチアップするどころか、キャッチダウンし、シンガポール、香港、台湾、韓国に次々と抜かれることとなった。

(略)

コロナ禍でも見える日本の遅れ

 私は、日本の遅れの大きな理由は、「日本はキャッチアップを終えて先進国になったのだから、もはやキャッチアップ型の成長はできない。これからの成長を支えるのは独自性と独創性だ」というような主張にあると考える。少なからぬ人がこの主張を信じているようだが、まったくの誤りである。事実として、日本は、アメリカを追い越したことがなく、90年代以降はアメリカとの差が開くばかりだった。この間、アジアの国々は着実にキャッチアップ型の成長を進め、シンガポールはアメリカを追い越し、香港はアメリカに追いつき、台湾と韓国は日本を追い越した。

 日本はキャッチアップどころか、キャッチダウンしているのだから、必要なのは他国の優れたものを学ぶことだ。日本にウーバーがなく、有機ELパネルを作れず、安価に電子決済できるシステムが普及していないのは独自性と独創性がないからではない。農業、運輸、電力、金融、建設、卸・小売、食品産業などの生産性が低いのもそうだ。アメリカや他国の優れた事例を真似ることができないような規制、制度、慣行があるからだ。

 産業だけでなく、政府の機能においても、遅れている。コロナショックの中で、日本の政府も世界の水準に追いついていないことが多々あると分かった。

 世界中の先進国が、国民の所得を把握し、コロナショックで経済的に傷ついた人々に素早く給付金を配布することができたが、日本はそれができなかった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/540a7f2765b1e72c68e7b4be3b25f46a3ea407ea

ネットの反応

とうとう
時が来てしまったんだな

いつまでも
間違いを認めない
老害ばかりだから仕方ないわな

ほんと中国にはもう勝てないし
韓国にももうすぐ勝てなくなりそうだね

日本人ですが
韓国に敗北を認めます

一人当たりのGDPは抜かれ
大卒初任給は抜かれ
皇室は変なのにタカられ
悪夢みたいだね

世界で唯一の逆進国だからな
アフリカの後進国より
低劣なのがジャップランド人

使えないおじさんたちが
なーーーーんも仕事しないで
バブルの遺産食い潰し続けて、
ついになくなっちゃっただけ

今後10年で
リアルに没落するだろう

現実から目をそらして
30年停滞してきたのが今の日本
そしてもう自動車くらいしか、
日本製品がブランドでなくなってしまった

一言でいうと、
団塊による老害のせい

緊縮財政で政府が金を使わないからだろうな

SPONSORED LINK