eecce26f

佳子さまにも皇室離脱願望か

■幽閉状態にも近い人生

「早くここから抜け出して、外の世界に行きたい」

 ある皇室関係者によれば、秋篠宮家の眞子さま、佳子さま姉妹は今から10年ほど前から、そんな想いを強く抱いていたという。

 どこに行くにも四六時中お付きの職員が付いて回り、自分の意思で自由に外出もできない。赤坂御用地という空間でしか生活することを許されない。その息苦しさは大学や高校で、自由に暮らす友人達と接するにつれてより痛切に感じるようになったという。幽閉状態にも近い人生を生きることは、すでに20歳を迎える頃から二人にとっては耐えがたいことだった。

 姉妹をよく知る人物が語る。

「お二人は、同い年の子よりも10歳以上は精神年齢が上の印象で、窮屈な環境での暮らしにいつも苛まれていました。『ここから抜け出したい』という切実な想いは、常に二人の心の奥底にあったのです。

■ダンスで苦しい立場を忘れられた

 その気持ちを覆い隠し、父母をはじめ周囲に悟られないために、佳子さまは、趣味のダンスに打ち込まれていた面もあります。ダンスをすれば体力も使うので、自分の苦しい立場を少しでも忘れられたのでしょう。一方の眞子さまは、妹さんより精神的にお強い方ですから、佳子さまほど何かに打ち込む対象がなくても、不安定になることはありませんでした」

 まだ高校生だった佳子さまは多感な時期でもあり、精神的な乱れも多かった。この人物に頻繁に悩みを相談し、同時に様々な質問をしたという。「皇族が置かれている立場をどう考えるか」といったことや「男女はどういう考えに基づいて交際するのか」など、話題は多岐にわたった。

 そこで話したことは、佳子さまは逐一、姉の眞子さんに報告していた。姉妹は一心同体と言えるほど仲が良く、常に同じ考えを持っていた。ある日、この人物は眞子さんにこう言われたという。

「あなたが妹にアドバイスをしてくださっていたことは、妹から聞いて全て知っています。私も同じ考えでいます」

■「一生ここから抜け出せないのではないか」という恐怖心

 当初は佳子さまのほうが悩みは深刻だったが、次第に眞子さんも自分の心の奥底に隠していた悩みを打ち明けるようになったという。皇室の中で自分たちの絶望的な想いを理解してくれる、数少ない味方だと判断したのかもしれない。

 今から10年前、民主党野田政権下で、本格的な女性宮家創設の議論が開始された。皇族の減少や皇位継承の問題を打開すべく、政府は、女性皇族が結婚後も独立した宮家の当主として皇族であり続けるという案を本格的に検討していた。

 当然、秋篠宮家のことも念頭に置いた議論であり、その法案が成立することは、姉妹が今後も半永久的に皇室で暮らすことを意味した。この議論が影響してか、佳子さまの精神的な乱れは、一層激しさを増したという。

「佳子さまは、一生ここから抜け出せないのではないか、という大きな恐怖心を抱かれているようでした。このまま皇室を出られないならば生きている意味はない、と。極端な言い方をすれば、自分で自分の命を絶つ、そんなことも辞さないほど、当時の佳子さまは深刻な悩みを抱えていらっしゃったのです」(同前)


https://news.nifty.com/topics/bn/211123519928/

ネットの反応

可哀想に…
これではケージの
ペットと変わらんな

↑たまに飼い主の息抜きに
ケージを出してもらえるけど
常に警備の目がある

↑家の中で生まれて家の中でしか
飼われてこなかった猫をいきなり
外に出したら生きていけると思うか?
そういうことだ

姉貴のせいで
ガードキツくなった

贅沢な悩みだな。
生まれた瞬間から一生衣食住に
困らない生活を保証をされた人間らしい悩みだわ

国民の税金じゃなくて
自分の才覚で自分で金稼いで
自分の金で暮らすんなら
誰も結婚に文句いわねーんだぞ?

いろいろトラブルがあっても
周りが処理するから考えることなく
成長してしまったせいだな
自分のしたい事をすることに
頭脳使いまくって出来ないと
籠の鳥のせいって思うんだろ

教育失敗してて草
先に離脱してから行ってね

・持参金無し
・SP無し
で出ていけな

不満を言うなら
さっさと離脱すりゃいい

具体的に誰の証言なんだよこれww

SPONSORED LINK