img_f8b87f5f4bf7f95df01c375b48258cf4663032

結婚したくても、340万人もの未婚男性には相手がいない「男余り現象」の残酷

未婚化の要因「男余り現象」とは?
前回の記事未婚化の原因を「イマドキの若者の草食化」のせいにするおじさんへのブーメランで、日本の生涯未婚率(50歳時未婚率)について書いたが、未婚化の要因として、別に人口構造上の問題がある。それが、「男余り現象」である。残念ながら、日本には、現在どうがんばっても結婚できない男が340万人もいる。

15歳から74歳まで、すべて未婚男性人口の方が多いことがわかる。75歳以上で男女逆転するが、それは悲しいかな、

未婚男性の方が生涯未婚のまま先に寿命が尽きてしまったからである。

全年齢合計で340万人も未婚男性の方が多い。

20~50代に限定しても300万人、20~30代でも145万多い(2015年国勢調査)。つまり、日本全国の未婚女性がすべて結婚したとしても340万人の未婚男性には相手がいないということになる。もっとも、未婚女性の全員が結婚するわけではない。実際にはもっと多くの男性が余るという計算になる。これが、「男余り現象」というものである。


どうして未婚男性の方が多くなってしまうのだろうか?
これは、ひとつには、出生時男女比による。明治時代からの統計を見ても、ほぼ出生時男女比は1.05で、男児の方が多く産まれる。1年間5%ずつ男が多く産まれ、それが40~50年継続すれば、それくらいの差分となって表れるわけである。

しかし、かつての明治以前の時代は、特に、男児の乳児死亡率が高く、結果として成人男女比はほぼ同数に落ち着いていた。医療の発達によって男児の乳児死亡率が下がれば、当然「男余り」という状態が発生することになる。

若い男ではなく「未婚おじさん」が余っている
国勢調査がスタートした大正9年(1920年)からの「未婚の男余り」の長期推移を年代別に見てみよう。

男余りの数が減少しているのが、第二次世界大戦周辺のみであるということも悲しい事実だが、この長期推移で注目すべきは、1990年代以降の推移である。

実は、300万人を超える「男余り現象」は1985年からはじまっている。


https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20210814-00252946

ネットの反応

男同士で結婚すれば解決だろ

男とか女とかいうてる時代やない時代が到来するから
ノープロキログラム

結婚しないんじゃないかな敢えて
女だけど同性を見ててそう思うわ

しょうがない
出来るような人達に子供もっとつくらせんと

ジェンダーフリーの時代や
老後が一人で寂しいなら性別問わず一緒になればええ
高齢独身同士のおっちゃんならそれなりに金持ってんだろ
案外楽しいかもよ

未婚の340万人の男は
二次元で満足出来る層がそのまま売れ残っただけだし
何の問題もないと思います

男性は本当に結婚したがっているんだろうか?
男性が結婚したがっているんなら
男あまりというのは残酷なことなんだけど、
実際は、結婚相談所とか、婚活とかを
一生懸命しているのは、
むしろ女性のほうだという印象がある。

日本人の女の人より東南アジア系が明るくて美人が多い
国にこだわらない方がいいよね、もう…

だから、女というだけで男にもてはやされ勝ち組なのか
でも救済チャンスはある
女あまりの県、福岡と長崎と宮崎にいけば男は少ないからチヤホヤされる

女そんなにいらないもんな
男が女より多少多く生まれるのは理にかなってるわ

もう一夫多妻制を認める段階に来てるってやつだろうか。

SPONSORED LINK


未婚中年ひとりぼっち社会 (イースト新書)
小倉敏彦
イースト・プレス
2020-02-27