スクリーンショット 2018-07-07 22.40.03
生活保護は高齢者が圧倒的に多い、年金だけでは無理か 

厚生労働省によると、生活保護受給者数は214万人となっており、毎年のように受給世帯が増加しています。

高齢者の伸びが大きく、被保護人員のうち全体の45.5%が65歳以上という結果が出ています。また、その中でも25%が月額10万円以下で生活するという極貧状態に陥っているそうです。

メディアでは、その状態を「貧困老人」「下流老人」と形容しています。

とはいえ、今の高齢者は日本が最も繁栄した時代を生きており、「高齢者ほど金持ち」となっているはずです。

国民生活基礎調査によると、1985年の世帯当たりの年間平均所得は493万円で、94年には664万円にまで増えました。ところが以降、一貫して年間平均所得は下がり続け、今では400万円すら切ろうとしています。

つまり、この結果からすれば、今の20〜30代こそ生活保護費を貰いたいくらいで、高齢者には逆に生活保護費を払って貰いたい。

しかし、最もカネを持っているはずの高齢者は、なぜか年金では足りず生活保護に頼っている。

SPONSORED LINK


rougo
長い長い人生、お金がなければ何も出来ない 

この理由は浪費癖です。

若いうちから徹底的に散財して、将来設計などせずに遊びに遊び回っていたからです。

この世代は高級時計や高級車、身の丈に合わない豪邸を立てようとしたりゴルフやパチンコ、タバコや女遊びなど、挙げればキリがありません。

高齢者は今の若者を「消費をしない若者のXX離れ」とやたらと揶揄しますが、若い世代は見栄や虚栄心で無計画に生きてきた高齢者の末路を反面教師として、賢く堅実に生きているのでしょう。

日本ではこれから、高齢になってからが人生のメインになる時代に突入します。

内閣府が発表した「日本人の平均寿命の推移」によれば、1950年代では平均60歳ほどだったのが、現在では80歳半ばまで男女ともに寿命が伸びています。さらに、2060年代には90歳に到達する見込みです。

定年が65歳まで延長したとはいえ、残りの人生25年余りを収入が無い状態で生活することは、精神的にとてつもない恐怖感に襲われるようです。「ひたすら資金が減る恐怖」に耐えられなくなり、万引きを繰り返してしまう高齢者も後を絶ちません。

「こんなに生きるつもりはなかった。」

「すべては政治や社会の責任だ。」

と、多くの人は嘆き悲しみますが、誰かが助けてくれるわけではありません。

人生100年時代に突入した今、充実した老後を迎えるためには、安定した不労所得の確保が必要不可欠になっています。

年金も期待出来ない日本では、若いうちから資産運用でコツコツ自分年金を作らないと一気に「貧困老人」「下流老人」に成り果てます。

若者は今のうちから資産運用でコツコツ自分年金を作らなければ、老後はひもじい想いをしながら数十年惨めに生きることになるので注意が必要です。

なお、初めての資産運用であれば、月々たった1,000円から始められる個人投資家に人気No.1の「ひふみ投信」がオススメです。

開設はもちろん、維持費も一切費用はかからないのでサクっと開設しておきましょう。

まずは一歩、資産運用の道に踏み出してみることが大切です。 

▶︎ ひふみ投信の詳細はこちらから

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK


老後の資金がありません (中公文庫)
垣谷 美雨
中央公論新社
2018-03-23