世界の名だたる金持ちは倹約家としても良く知られています。

Microsoftのビル・ゲイツ。
飛行機はエコノミークラスに乗り、ホテルは寝る場所とインターネットがあれば良いという理由から割安なホテル、ショッピングには割引クーポンを必ず使用するそうです。

カリスマ投資家のウォーレン・バフェット。

クレジットカードは年会費無料のアメックスカードを使用、床に落ちていた1セント硬貨を拾う、車は機能性で選んだ結果なんとスバルです。
新婚時代はアイロン代節約のために奥さんにワイシャツのアイロンはエリと袖しかさせなかったという仰天の逸話もあります。

彼らはケチと見えるでしょうが、これは


『お金の大事さ』


を身を持って知っているからに他なりません。

gahag-0075124890-1

昔から投資で成功する基本は節約であると決まっています。
なぜなら、投資というのは資金の大きさがモノを言う世界だからです。

資産家ならともかく、一般庶民は節約することで投資費用を捻出しなければなりません。
支出を抑え、投資し、複利で最大化させる。

幸いにも私たちが生きている21世紀の日本は、あまりお金をかけなくとも高水準の生活を送ることが可能です。

「衣食住娯」

■衣
ユニクロやGUなどのショップでは高品質で安価な服が大量流通しています。
高度成長期で通貨の価値が上昇したおかげで海外にて安価な生産が可能になっているためです。
ポイントで取り入れることでオシャレなコーディネートも十分可能になります。

■食
吉野家やマクドナルドやファミレス。
海外に行ったことのある人はわかると思いますが、こんなに安く安全で高品質な外食ができる国は他にありません。
比較してしまうと、割高である日本のコンビニさえも安いくらいに思えてしまいます。
また、投資家であれば株主優待を使えば0円で美味しいごはんが食べられます。
ファッションと同様、高度成長期で通貨の価値が上昇したおかげで海外で安価な商品を輸入できることも大きいです。
日本の輸入検査は厳しいこともあり、高品質で安価な食材が溢れている世界一のグルメ大国になっています。
ちなみに中国では自国に直接流通した食品は危険過ぎるため、自国生産で輸出した食品を日本から逆輸入している程です。

■住
首都圏の地価はバブル期を通り越し過去最高です。
賃貸であれば家賃も高いので、給料のほとんどを「住」に費やすことになります。
どうせサラリーマンは帰って寝るだけです。
ベッドタウンの安アパートでいいのです。日本のインフラは僻地だろうがしっかりしている最高の国です。
都内に住みたければシェアハウスにでも入居すれば家賃はルームメイトと折半です。
また、日銀のマイナス金利政策でローンは過去最低の0金利です。
バブル期なんて8%もあったんですよ!個人向けカードローン並ですよ。
今の時代、首都圏の隣接県に家買ったほうが確実に得です。
銀行に払う利子も住宅ローン減税で全額返ってくるどころかプラスになります。
我が家は太陽光発電で光熱費も0円、むしろプラスの収支です。

■娯
インターネットの普及により娯楽はかなり安価になっています。
映画が見たければ動画配信サービスで大量のコンテンツが定額で視聴可能です。
音楽が聞きたかったらYoutubeで高画質の動画がタダで見られます。
ちょっと昔ならTSUTAYAで1本300円以上払っていたのがバカらしくなります。
ゲームしたければスマホの無料ゲームで十分です。
中でもポケモンGOはオススメです。歩いて健康になれるし一石二鳥です。
昔はハードに3万円、ソフトに1万円払ってたのが懐かしいです。
ちなみに、日本の回線インフラの品質は間違いなく世界一ですので、快適なインターネット生活が可能です。

お出掛けしたければ定期券内で行けるところにいくのがベストです。
都内勤務であれば最強です。
今の時代、どこへ行ってもあるのはイオン、ららぽーとなど金太郎アメ状態なので、ぶっちゃけどこへ行っても変わりません。

車は金食い虫の負債なので不要です。
宝くじと同様、愚か者が払う税金だと考えています。
田舎では車無しは厳しいですが、首都圏近辺在住であれば本当に必要ありません。
必要ならカーシェアリングという手もありますし、どうせ土日にちょろって乗るくらいであればタクシーの方が死ぬほど安上がりです。
また、日本は交通インフラも世界一なので鉄道を利用するのがベストです。

このように少し頭を使えば生活水準を落とすことなく節約することが可能になります。

大概のヒトがブランド品を買いたがるのは単なる「見栄」であるため、そこに何の意味もありません。

CH9V9A0033_TP_V

投資家の節約は「悪」ではない。

一般的にいわれる節約は経済を停滞させる原因になるので悪です。
日本全体の預金残高がついに1000兆円と突破するなど戦後からのプロパガンダにより、未だに日本人の貯蓄意識は目を見張るものがありますが、この金はまさに「死に金」であります。
経済も回らず、誰のためにもならず、国力を低下させる要因になっています。

対して投資家の節約は「善」です。
節約したお金は投資資金で市場に流入する形になるからです。
投資するということは経済発展を促進するとても素晴らしい行為です。
巡り巡って世界が豊かになるイノベーションを生み出す資金に活用されるので、雇用も促進されるし、自分にもリターンが返ってくることになります。

楽しく節約して投資に励み、資産を形成しましょう!


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければクリック応援お願いします。