2015110200004_1





このツイートの反応






SPONSORED LINK


なぜ日本車は海外でここまで人気なのでしょうか?

象徴的なエピソードとして、中東の過激派組織「イスラム国(ISIS)」が数百台ものトヨタ製四輪駆動車を使用していることが以前大々的にニュースになったほどで、アメリカ政府がトヨタに対して公開説明を求めたほどでした。

ISISが公開している宣伝動画に決まって登場するのは、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」とSUV「ランドクルーザー」でした。

特にランドクルーザーは、アフリカ大陸でも重用されている生活必需品になっています。

ランドクルーザーは民生品でありながら、とてもタフな作りで故障もなく、ユーザーからの信頼を勝ち得ています。

つまり、ランドクルーザーとハイラックスは事実上、ISISに限らずにアフリカ大陸で広く認められたブランドのひとつになっているというわけです。

日本では見向きもされないような10年落ちのトラックや4WDも、まだまだ現役でアフリカでは超人気の車種として取引がなされています。

しかしながら、日本車トップのトヨタは激しいコストダウンにより安価な部品を使って、品質が下がり続けていて、昔よりも故障しやすくなっていることも事実です。

ただ、お金がかかってなくても、安っぽく見せないテクニックに長けているので、デザイン的にもメカニズム的にも、面白みはないけれど無難な作りで、どこを取っても75点な優等生の仕上がりになっています。

全般的に見れば、今現在はトヨタは壊れずらく、世界的に評判がいいのですが、中国車の躍進やEV化によってトヨタも安泰ではいられないでしょう。

ただ乗れればいいのであれば少し古いトヨタ車がコスパ最強だな

SPONSORED LINK