20201222054029

野村総合研究所が行った2019年の国内の金融資産に関する調査によると、純金融資産保有額5億円以上の「超富裕層」、同1億円以上5億円未満の「富裕層」を合わせると132万7000世帯となり、05年以降最も多かった前回調査の17年の126万7000世帯から6万世帯増加し、最多を更新した。 

調査では、預貯金、株式、債券、投資信託や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた「純金融資産保有額」を基に、総世帯を5つの階層に分類し、各々の世帯数と資産保有額を推計した。 

その結果、「超富裕層」が8万7000世帯、「富裕層」が124万世帯、純金融資産保有額5000万円以上1億円未満の「準富裕層」が341万8000世帯、同3000万円以上5000万円未満の「アッパーマス層」が712万1000世帯、同3000万円未満の「マス層」が4215万7000世帯となった。 

各層の資産保有総額は、超富裕層が97兆円、富裕層が236兆円、 
準富裕層が255兆円、アッパーマス層が310兆円、マス層が656兆円。 

https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00931/

ネットの反応

なお、中央値はどんどん下がっている模様

うちはなんでこんな貧乏なの?
富を再分配せよ

貧乏人に無いのは金じゃなくて学定期w

コロナ様様やでほんま 
このまま続いてくれればうちも超富裕層

ワイも株とビットコで1億超えたわ
これが資本主義のあるべき姿や

これからは労働してるだけじゃ数千万も貯められなくなるだろうな 
税金の上がり方ハンパないしこれから生まれてくる奴らは運が悪すぎる

本当の富裕層は株配当で税金20%払うだけやから累進課税関係なくて最強

SPONSORED LINK


投資する人、投資しない人の間の格差は今後ますます広がっています。

これは何も日本に特化した話ではなく、世界の中心であるアメリカがそうだからです。

アメリカの富裕層と庶民の間には、高くそびえ立つ壁があります。

たとえば、アメリカの1%の富裕層が、富の半分を握っている現実があります。

アメリカはここ30年で所得格差が急速に広がり、庶民は相変わらずお金持ちになれないままです。

今では中国も同じようなトレンドになっており、富裕層の資産が爆増していく一方、庶民(=貧乏人)にはお金が落ちてこなくなっています。

格差の広がりというのは、このグローバリズムの社会で加速していくのは必至なのです。

そもそも、富裕層がお金持ちである最大の理由は、金融リテラシーに長けているからです。

金融リテラシーに長けている彼らは、お金を銀行に預けっぱなしみたいな愚行は絶対に行いません。

お金を眠らせず、休ませず、常に自分の資本と同等に労働させ続け、何馬力ものパワーを金融資産自体から生み出しています。

ピケティが提唱した「R(資本収益率)>G(経済成長率)」 の通り、お金持ちになるためにはお金を働かせることが大前提となるわけです。

お金がある人こそ、投資をすることで資産増加を図るべきです。

チョコも米国株とビットコインのおかげで爆益だわ

SPONSORED LINK